2019年04月16日 12時00分

Source: Fujitsu Ltd

沿海調査エンジニアリングと富士通、北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始


東京, 2019年04月16日 - (JCN Newswire) - 生物調査などの事業を手掛ける株式会社沿海調査エンジニアリング(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大塚英治、以下 沿海調査エンジニアリング)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、IoTを活用したウニ・ナマコの陸上養殖(注1)の実証実験を北海道古宇郡神恵内村(村長:高橋昌幸、以下 神恵内村)において、4月より本格的に開始しました。

本実証実験では、ウニやナマコの種類や養殖開始日、個体数、給餌、出荷の情報を、富士通が構築した養殖管理システムに、飼育者がデータ入力するとともに、水槽内に設置されたセンサーとカメラで、水温や濁度(注2)、塩分濃度などのデータおよび映像を収集、可視化します。飼育者が遠隔でPCやスマートフォンなどのモバイル端末を用いてリアルタイムに収集した水槽内の環境を確認することによる、ウニやナマコの陸上養殖事業における有効性を検証します。

本実証成果を踏まえ、今後、神恵内村は、重要な産業振興資源であるウニ・ナマコの養殖事業拡大を目指し、IoTを活用した陸上養殖の推進を検討していきます。また、沿海調査エンジニアリングと富士通は、ウニ・ナマコのIoTを活用した効率的な陸上養殖手法を検証し、神恵内村の養殖事業振興を支援していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/16-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、自治体向けRPAソリューション「Axelute for IC21」を販売開始
2019年04月18日 10時00分
 
富士通、「富士通フォーラム2019」を開催
2019年04月17日 10時00分
 
富士通、「Fujitsu Technology and Service Vision 2019」を策定
2019年04月16日 12時00分
 
富士通、ポスト「京」の製造を開始
2019年04月15日 10時00分
 
富士通、商取引の請求支払業務の完全自動化を実現する新サービスを提供開始
2019年04月11日 11時00分
 
富士通、リアルタイム映像伝送技術が2018年「エミー賞」を受賞
2019年04月08日 15時00分
 
富士通、安心・安全な供給を支えるジビエ商品管理システムが長野市様で稼働
2019年04月04日 10時00分
 
富士通、PCサーバ「PRIMERGY」の新モデルを販売開始
2019年04月03日 09時00分
 
富士通、シンガポール海事港湾庁とAIを活用した船舶の衝突リスク予測技術の効果を検証
2019年04月02日 10時00分
 
富士通、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」への協力のお知らせ
2019年04月01日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>