2019年04月16日 12時00分

Source: Fujitsu Ltd

沿海調査エンジニアリングと富士通、北海道神恵内村で、IoTを活用したウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験を開始


東京, 2019年04月16日 - (JCN Newswire) - 生物調査などの事業を手掛ける株式会社沿海調査エンジニアリング(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:大塚英治、以下 沿海調査エンジニアリング)、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下 富士通)は、IoTを活用したウニ・ナマコの陸上養殖(注1)の実証実験を北海道古宇郡神恵内村(村長:高橋昌幸、以下 神恵内村)において、4月より本格的に開始しました。

本実証実験では、ウニやナマコの種類や養殖開始日、個体数、給餌、出荷の情報を、富士通が構築した養殖管理システムに、飼育者がデータ入力するとともに、水槽内に設置されたセンサーとカメラで、水温や濁度(注2)、塩分濃度などのデータおよび映像を収集、可視化します。飼育者が遠隔でPCやスマートフォンなどのモバイル端末を用いてリアルタイムに収集した水槽内の環境を確認することによる、ウニやナマコの陸上養殖事業における有効性を検証します。

本実証成果を踏まえ、今後、神恵内村は、重要な産業振興資源であるウニ・ナマコの養殖事業拡大を目指し、IoTを活用した陸上養殖の推進を検討していきます。また、沿海調査エンジニアリングと富士通は、ウニ・ナマコのIoTを活用した効率的な陸上養殖手法を検証し、神恵内村の養殖事業振興を支援していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/16-1.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通:卓球Tリーグの試合で、ろう学校の生徒が「Ontenna」を装着し観戦
2019年08月22日 11時14分
 
富士通とQualcomm、5G通信方式での接続検証およびデータ疎通試験を完了
2019年08月22日 11時10分
 
富士通と富士通研究所、過去の少ない雨量・水位データで河川の水位を予測できるAI技術を開発
2019年08月16日 15時00分
 
富士通、第一生命様の次世代インフラ「DL PadIIシステム」の開発・導入を支援
2019年08月16日 10時00分
 
あいおいニッセイ・富士通・野村総研・SCSK・大日本印刷・日本IBMなど、テレマティクス技術活用の事故対応システムを開発
2019年08月09日 12時17分
 
富士通、新卒や既卒を問わず、いつでも応募可能な通年採用を開始
2019年08月09日 11時16分
 
富士通、「2019びわ湖大花火大会」におけるデータ利活用をびわ湖大花火大会実行委員会様と共同実証
2019年08月07日 11時00分
 
富士通、仮想化統合基盤「Nutanix Enterprise Cloud on PRIMERGY」を国内で販売開始
2019年08月07日 10時00分
 
富士通、製造現場の生産性向上を支援するデジタル生産準備ツール「VPS」の新バージョンを販売開始
2019年08月05日 11時13分
 
富士通研究所、オープンな環境でより安全に認証できる生体情報の暗号化技術を開発
2019年08月02日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>