2019年04月22日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、持続可能な食材を社員食堂に継続導入


東京, 2019年04月22日 - (JCN Newswire) - 当社は、GAP(注1)認証などを取得した持続可能な食材を継続的に調達し、それらを使用したメニューを4拠点の社員食堂にて提供します。

本取り組みを通じて、当社は、持続可能な食材の消費および生産に一層配慮した企業活動に努めていきます。

背景・目的
昨今、国際社会では様々な企業や団体が持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs(注2))の達成を図り、環境、経済、社会の分野で世界中の課題に取り組んできました。SDGsの活動は多岐に渡り、2020年に開催される東京2020大会でも、環境問題のほか、人権・労働問題などにも配慮した運営を目指しています。

富士通グループもICTを活用し、GHG排出量削減や食糧供給の安定化など、様々な社会・環境課題の解決に取り組み、SDGsの達成に向けた活動を展開してきました。当社は、サステナビリティの認知拡大や、これらを重視する姿勢を定着させる一環として、このたび持続可能な食材を継続的に調達し、社員食堂のメニューとして提供することとしました。

食材の調達
当社はGAP認証などを取得した食材を用いて、「世界の料理」と銘打ったメニューを、富士通の社員食堂を運営するFJリフレ株式会社(注3)様の協力を得て、川崎工場(神奈川県川崎市)、本社事務所(東京都港区)、蒲田ソリューションスクエア(東京都大田区)、新川崎テクノロジースクエア(神奈川県川崎市)計4拠点の社員食堂で提供します。本取り組みを通じて、当社は持続可能な食材を継続的に調達し、消費および生産の形態が確保された社会の実現に貢献していきます。

食・農業領域への取り組み
当社は、農業生産法人などに対して「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウドAkisai」を提供し、農業生産管理や経営管理などGAPを実施するのに必要となるデータの蓄積や分析を支援しています。さらに、当社はJGAP指導員(注4)の指導方法および内部監査レベルの均一化や、指導の効率化を目的として、「智のWA! JGAP指導支援ツール」を開発しました。本ツールは2018年10月に日本GAP協会推奨システムに選ばれており、ICTを活用した豊かな食の未来作りも支援しています。

また、富士通ホーム&オフィスサービス株式会社(注5)が「会津若松Akisaiやさい工場」で生産する低カリウムのレタスやホウレンソウ、株式会社スマートアグリカルチャー磐田(注6)が生産するトマト、パプリカ、ケールなどでGAP認証を取得するなど、持続可能な食材の提供にも積極的に取り組んでいます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/22.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、「Interop Tokyo 2019」で「Best of Show Award」の準グランプリを受賞
2019年06月13日 14時00分
 
富士通、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた取り組みを拡大
2019年06月11日 10時00分
 
富士通、音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」を活用したイベント支援サービスを提供開始
2019年06月11日 10時00分
 
富士通とKongsberg Digital、温室効果ガス排出低減に向けAIを活用した燃料最適化サービスを提供
2019年06月06日 09時00分
 
ANAが総二階建ての旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」にてヒアラブル端末を導入
2019年05月23日 11時00分
 
富士通、目的志向型ビジネスを実現するプロセス&フレームワーク「Design the Trusted Future by Data x AI」を策定
2019年05月14日 10時00分
 
富士通と米Autonomic、先進的なモビリティサービス提供に向け協業を開始
2019年05月14日 09時00分
 
富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案するライフデザインの検討を開始
2019年05月13日 10時00分
 
富士通研究所と熊本大学、時系列データのAI利用を加速させる自動ラベル付け技術を開発
2019年05月10日 11時00分
 
富士通、垂直統合型基盤「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」を販売開始
2019年05月09日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>