2019年04月24日 10時00分

Source: Eisai

エーザイ、「攻めのIT経営銘柄2019」に選定

経営戦略とICT戦略の融合によるNew Business Modelへの変革に向けた挑戦が評価

東京, 2019年04月24日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役CEO:内藤晴夫)は、このたび、ITの戦略的活用に取り組む企業として、経済産業省と東京証券取引所が選定する「攻めのIT経営銘柄2019」に選ばれましたのでお知らせします。今回、当社は製薬企業として初めて選定されました。

「攻めのIT経営銘柄」とは、中長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業を紹介するとともに、企業による「攻めのIT経営」の取り組みを促進することを目的として、経済産業省が東京証券取引所と共同で戦略的なIT活用に取り組む企業を選定、公表するものです。企業の選定にあたっては、「経営方針・経営計画における企業価値向上のためのIT活用」、「企業価値向上のための戦略的IT活用」、「攻めのIT経営を推進するための体制および人材」、「攻めのIT経営を支える基盤的取組」、「企業価値向上のためのIT投資評価および改善のための取組」の5つの観点から評価されます。5回目となる今回は、国内上場会社約3600社から29社が選定されました。

当社は、中期経営計画「EWAY 2025」における「ICT Driven Innovation」戦略のもと、経営戦略とICT戦略を融合したデジタルトランスフォーメーション実現に向けて、IT活用による企業価値向上に向けた様々な取り組みを推進しています。今回の選定において、当社は、IT活用による企業価値向上への寄与、および新たなデジタル技術の活用が評価されました。詳細は、経済産業省のホームページをご参照ください(「攻めのIT経営銘柄2019」別ウィンドウで開きます)。

当社は、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献し、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足することを企業理念と定めています。当社は、このヒューマン・ヘルスケア(hhc)理念のもと、今回の選定を契機により一層の生産性向上・イノベーション創出を企図した攻めのIT経営に取り組み、更なる企業価値向上に邁進してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201926.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、第33回国際てんかん学会においてペランパネルに関する最新データを発表
2019年06月14日 09時00分
 
エーザイ、人事異動ならびに組織改編を発表
2019年06月04日 16時00分
 
エーザイ、レンボレキサントの臨床第III相試験の統合解析を含む最新データを第33回米国睡眠学会年次総会において発表
2019年05月29日 10時00分
 
エーザイの温室効果ガス削減目標が「Science Based Targets(SBT)イニシアチブ」から承認の取得
2019年05月17日 12時00分
 
エーザイ、第55回米国臨床腫瘍学会年次総会でレンバチニブメシル酸塩などに関する最新データを発表
2019年05月16日 09時00分
 
エーザイ、代表執行役の異動に関するお知らせ
2019年05月14日 13時00分
 
エーザイとアルム、ICTを活用したヘルスケアソリューションにおける資本業務提携契約を締結
2019年05月09日 12時00分
 
エーザイ、創薬イノベーションおよびエコシステム プラットフォーム構築の加速に向けたベンチャー投資事業を開始
2019年05月09日 12時00分
 
エーザイとUK Dementia Research Institute、認知症研究を加速する新しい博士研究員プログラムを共同で開始
2019年05月08日 09時00分
 
エーザイ、「レンボレキサント」に関するPurdue社の権利を獲得し、提携を終結
2019年05月01日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>