2019年04月24日 10時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、「第9期富士通グループ環境行動計画」を策定

気候変動や資源循環、SDGs(社会・環境目標)の課題解決に貢献

東京, 2019年04月24日 - (JCN Newswire) - 当社グループは、持続可能な社会への貢献を目指し、2019年度から2020年度の環境目標を「第9期富士通グループ環境行動計画」として策定しました。

本行動計画では、SBT(注1)やRE100(注2)などの国際イニシアチブに基づいた中長期環境目標の設定、CDPサプライチェーンプログラム(注3)の活用などによるサプライチェーンの環境負荷の把握と削減、およびプラスチックを中心とした廃棄物の削減に重点を置いています。

当社グループは、先進的なICTを活用しながら本行動計画を推進することで、当社グループやお客様の環境負荷を低減するとともに、社会・環境課題の解決に貢献していきます。

背景
パリ協定やSDGsで定められた世界共通目標の達成に向け、企業は率先して社会・環境課題の解決に取り組むことが期待されています。このような国際的な動きに伴い、温室効果ガス(以下、GHG)の削減や再生可能エネルギーの利用を促進するSBT、RE100などの国際イニシアチブの影響力や、企業への気候変動に関連する情報の開示要請がますます強まっています。また、アジア各国による廃プラスチックの輸入規制の拡大や海洋プラスチック問題などの顕在化により、プラスチック廃棄物の抑制が世界的な課題になっています。

当社グループは、2017年8月に中長期GHG削減目標(注4)のSBT 認定を受けるとともに、2018年7月にはRE100へ加盟し、自社グループの使用電力を2050年までに再生可能エネルギー100%とする目標を公表しています。「第9期富士通グループ環境行動計画」では、これらの中長期目標を確実に達成するための段階的な目標を定めました。

なお、当社グループは、これまでも気候変動への対応と情報開示に積極的に取り組んできましたが、その姿勢を改めて明確に示すため、「第9期富士通グループ環境行動計画」の開始に合わせて、TCFD(注5)提言への賛同を表明しました。

「第9期富士通グループ環境行動計画」の概要
気候変動や資源循環をはじめとする様々な社会・環境課題の解決に向け、提供する製品やサービスのライフサイクルを踏まえた注力分野を特定し、気候変動、資源循環、サプライチェーン、SDGsの4つの観点で以下の11項目の目標を設定、推進していきます。

気候変動では、中長期GHG削減目標の達成に向け、先進的なICTを活用した省エネと再生可能エネルギーの導入を戦略的に推進します。資源循環については、特に梱包材として使用されているプラスチックに着目した廃棄物削減を目指します。また、サプライチェーンを通じた環境負荷の把握と削減を推進するため、CDPサプライチェーンプログラムを活用した調達先の気候変動対策や水に関する情報の収集、および製品の省エネ設計を強化していきます。

気候変動
目標
(1)事業拠点のGHG排出量を14%以上削減(2013年度比)する。かつ、自助努力により前年度から2.1%以上削減する。
(2)データセンターのPUE(注6)を2017年度比で2%以上改善する。
(3)再生可能エネルギー使用量を2017年度比20%以上拡大する。

資源循環
目標
(4)製品の省資源化・資源循環性向上を推進し、新製品の資源効率を25%以上向上する(2014年度比)。
(5)廃棄物発生量を2012~2014年度平均の5%以上削減する。
(6)事業系ICT製品の資源再利用率90%以上を維持する。
(7)水使用量を累計で2017年度比1%削減する。
(8)化学物質排出量(PRTR)を2012~2014年度の平均以下に抑制する。

サプライチェーン
目標
(9)製品使用時消費電力によるCO2排出量を14%以上削減する(2013年度比)。
(10)サプライチェーン上流におけるCO2排出量削減、および水資源保全の取り組みを推進する。

SDGs
目標
(11)ICTサービスを通じてSDGsの達成に貢献する。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/24.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、「Interop Tokyo 2019」で「Best of Show Award」の準グランプリを受賞
2019年06月13日 14時00分
 
富士通、海洋プラスチックごみ問題の解決に向けた取り組みを拡大
2019年06月11日 10時00分
 
富士通、音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」を活用したイベント支援サービスを提供開始
2019年06月11日 10時00分
 
富士通とKongsberg Digital、温室効果ガス排出低減に向けAIを活用した燃料最適化サービスを提供
2019年06月06日 09時00分
 
ANAが総二階建ての旅客機エアバスA380型機「FLYING HONU」にてヒアラブル端末を導入
2019年05月23日 11時00分
 
富士通、目的志向型ビジネスを実現するプロセス&フレームワーク「Design the Trusted Future by Data x AI」を策定
2019年05月14日 10時00分
 
富士通と米Autonomic、先進的なモビリティサービス提供に向け協業を開始
2019年05月14日 09時00分
 
富士通と電通、パーソナルデータを活用した新しいライフスタイルを提案するライフデザインの検討を開始
2019年05月13日 10時00分
 
富士通研究所と熊本大学、時系列データのAI利用を加速させる自動ラベル付け技術を開発
2019年05月10日 11時00分
 
富士通、垂直統合型基盤「PRIMEFLEX for Microsoft Azure Stack」を販売開始
2019年05月09日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>