2019年05月14日 20時00分

Source: Mitsubishi Corporation

三菱商事、米国キャメロンLNGプロジェクトのLNG生産開始


東京, 2019年05月14日 - (JCN Newswire) - 三菱商事株式会社(以下、当社)が、日本郵船株式会社との米国合弁事業会社(Japan LNG Investment, LLC、以下JLI社)を通じて参画している米国キャメロンLNGプロジェクトは、現地時間5月14日にLNGの生産を開始しました。

2014年8月の最終投資決定以降建設を進めて参りましたが、この度LNG生産開始となり、数週間の内にLNG船に荷積みされ、初出荷される見込みです。

本プロジェクトは、キャメロンLNG社(以下、CLNG社)が事業主体として推進しているLNGプロジェクトであり、CLNG社の株主構成は、米Sempra社 50.2%、仏Total社 16.6%、三井物産株式会社 16.6%、JLI社 16.6%となります。今回の生産開始はLNG生産設備の第1系列からのものであり、現在建設中の第2系列及び第3系列含む全3系列合計で、年間1200万トン(400万トン×3系列)のLNGを将来的に生産する予定です。

当社は、原料となる天然ガスを市場から調達してキャメロンLNG基地までパイプラインにて輸送し、年間約400万トン分のLNG生産をCLNG社に委託のうえ、本邦を中心とした需要家に販売する予定です。

人口増に伴う国際的なエネルギー消費量増加に加え、地球環境への負荷が少ないエネルギーの利用が求められる昨今、クリーンなエネルギー源の一つとしてLNGの需要が世界的に高まっております。こうした背景の中、当社は本プロジェクトを通じ、従来の東南アジア・中東・豪州に加えて新たなLNG供給源を確保しLNGの長期安定供給を実現することで、経済価値・社会価値・環境価値の三価値同時実現を目指して参ります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000037557.html

概要:三菱商事株式会社

詳細は www.mitsubishicorp.com をご参照ください。

Source: Mitsubishi Corporation
セクター: 自動車

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱商事、エジプト・アラブ共和国 カイロ地下鉄4号線第一期向け鉄道システムの契約を締結
2020年11月24日 14時00分
 
三菱商事、CO2有効利用への取組み/米国Blue Planet Systems Corporationとの協業契約締結について
2020年09月24日 09時00分
 
三菱商事、インドネシア/ジャカルタ郊外BSD地区での都市開発事業への参画について
2020年09月15日 09時30分
 
三菱商事、米国キャメロンLNGプロジェクトの商業生産開始
2020年08月11日 14時00分
 
三菱商事など、CO2を原料とするパラキシレン製造に関する開発に着手
2020年07月14日 11時00分
 
三菱商事とNTTアノードエナジー、エネルギー分野における協業に向けた検討の具体化について
2020年07月01日 09時00分
 
三菱商事、「緊急事態宣言」の解除を受けた当社の対策について
2020年05月28日 09時00分
 
三菱商事、シンガポール民間5社・千代田化工建設とシンガポール共和国の持続可能な水素経済実現に向けた協力に関する覚書を締結
2020年03月30日 16時00分
 
三菱商事と綜合警備保障、ファシリティマネジメント事業に係る資本業務提携締結に関するお知らせ
2020年03月30日 16時00分
 
三菱商事と中部電力、オランダ総合エネルギー事業会社Eneco社を買収
2020年03月25日 18時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>