2019年05月16日 12時00分

Source: Hitachi

日立、中華人民共和国国家発展改革委員会と持続可能な社会発展のために更なる協力を行う覚書を締結


東京, 2019年05月16日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)および日立(中国)有限公司(董事長:小久保 憲一)は、このたび、中華人民共和国国家発展改革委員会(以下、国家発展改革委員会)副主任の寧吉喆(ネイ・キッテイ)氏と、イノベーション創出・拡大、デジタル経済、第三国市場における経済協力などについて意見交換し、持続可能な社会発展のための更なる提携強化に関する覚書を締結しました。

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速しており、中でも中華人民共和国(以下、中国)は日立グループにおけるもっとも重要な市場の一つです。これまで日立グループ全体で培ってきたデジタル技術を活用し、急速に高齢化が進む中国での介護問題を解決する健康養老ソリューションの開発や、スマートシティの構築、スマート製造の推進に力を入れ、中国政府や企業との協創を行ってきました。今回の覚書により、中国での社会イノベーション事業の推進をさらに加速することで、人々のQoL(Quolity of Life)向上と持続可能な社会の発展に貢献していきます。

中国における日立グループについて
中国は、日立グループにおける重要な市場の一つであり、136のグループ企業と約4万人の従業員を擁しています(2019年3月末現在)。中国における日立グループの2018年度の売上収益は1兆98億円で、日立グループの売上収益の約11%を占めています。日立グループは、「社会イノベーション事業」に注力し、中国の社会課題の解決に貢献していきます。詳しくは、日立中国のホームページをご覧ください。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/05/0516b.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


産総研と日立、移動体データ形式「MF-JSON形式」が地理空間情報の国際標準として採択
2020年06月02日 13時00分
 
日立、経済産業省「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」に採択決定
2020年06月01日 14時00分
 
日立がシンガポール・住宅開発庁(HDB)住宅向けにエレベーター300台を受注
2020年05月19日 11時00分
 
日立がイタリアの鉄道運営会社GTT社と新型トラム70編成を供給する包括契約を締結
2020年05月19日 10時00分
 
日立、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている事業者にNPO団体Kivaを通じて100万米ドルの融資を実施
2020年05月18日 10時00分
 
NTT・日立・リコー・東京電力、「電動車活用推進コンソーシアム」を設立
2020年05月11日 14時00分
 
日立、欧州初の日立陽子線がん治療システムがスペインのナバラ大学病院で稼働開始
2020年05月07日 14時00分
 
日立と日立ビルシステム、建物内の非接触での移動・生活を実現するビル・マンション向けタッチレスソリューションの展開について
2020年04月30日 10時00分
 
通天閣と日立、新型コロナウイルス感染症治療に尽力する医療従事者へ感謝の意を表し、通天閣をブルーにライトアップ
2020年04月24日 14時00分
 
日立、新型コロナウイルス感染拡大対策として、中小企業のテレワーク環境の容易な立ち上げを支援する「かんたんPrivate DaaS支援パック」を最大半年間、無償提供
2020年04月22日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>