2019年05月16日 12時00分

Source: Hitachi

日立、中華人民共和国国家発展改革委員会と持続可能な社会発展のために更なる協力を行う覚書を締結


東京, 2019年05月16日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)および日立(中国)有限公司(董事長:小久保 憲一)は、このたび、中華人民共和国国家発展改革委員会(以下、国家発展改革委員会)副主任の寧吉喆(ネイ・キッテイ)氏と、イノベーション創出・拡大、デジタル経済、第三国市場における経済協力などについて意見交換し、持続可能な社会発展のための更なる提携強化に関する覚書を締結しました。

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速しており、中でも中華人民共和国(以下、中国)は日立グループにおけるもっとも重要な市場の一つです。これまで日立グループ全体で培ってきたデジタル技術を活用し、急速に高齢化が進む中国での介護問題を解決する健康養老ソリューションの開発や、スマートシティの構築、スマート製造の推進に力を入れ、中国政府や企業との協創を行ってきました。今回の覚書により、中国での社会イノベーション事業の推進をさらに加速することで、人々のQoL(Quolity of Life)向上と持続可能な社会の発展に貢献していきます。

中国における日立グループについて
中国は、日立グループにおける重要な市場の一つであり、136のグループ企業と約4万人の従業員を擁しています(2019年3月末現在)。中国における日立グループの2018年度の売上収益は1兆98億円で、日立グループの売上収益の約11%を占めています。日立グループは、「社会イノベーション事業」に注力し、中国の社会課題の解決に貢献していきます。詳しくは、日立中国のホームページをご覧ください。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/05/0516b.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、特許情報提供サービス「Shareresearch」において、AIの活用で知的財産部門の業務効率化を実現する新機能を販売開始
2019年06月13日 10時00分
 
日立と日立ビルシステム、昇降機事業のグローバル展開を支えるVR技術を活用したエンジニア教育システムを本格導入
2019年06月12日 10時00分
 
日立ソリューションズ、「働き方改革向け業務可視化・分析サービス」をクラウドで販売開始
2019年06月11日 12時00分
 
日立ソリューションズ、手ぶら決済などの生体認証をクラウド上でも使えるサーバーソフトウェアを販売開始
2019年06月10日 13時00分
 
日立と博報堂、「第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施
2019年06月06日 11時00分
 
日立とボンバルディア社がイタリアの鉄道運営会社トレニタリア社と高速車両14編成の供給と保守に関する契約を締結
2019年06月05日 13時00分
 
日立の工場現場で培ったノウハウを活用し、事業の継続性を重視したリスク分析を実現する「工場向けサイバーBCPリスクアセスメント」を提供開始
2019年06月05日 11時00分
 
日立(中国)有限公司河北雄安分公司を設立
2019年06月05日 10時00分
 
日立が東亜石油からガスタービン保守の信頼性向上を目的とした高温部品管理プラットフォームを受注
2019年06月04日 13時00分
 
日立と米国バートゥサ社が、AIを活用した金融機関向けソリューションの提供に向けた協業を開始
2019年06月03日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>