2019年05月20日 11時00分

Source: Hitachi

日立インダストリアルプロダクツ、長寿命タイプを追加した汎用小型UPS「ミニ・セーフ」シリーズをリニューアル販売開始


東京, 2019年05月20日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立インダストリアルプロダクツ(取締役社長:小林 圭三/以下、日立イプ)は、停電時に装置や設備の誤作動・停止を防ぐUPS*1「ミニ・セーフ」シリーズのデザインを一新したリニューアルモデル(HIVERTER-77)を2019年5月から販売開始します。新モデルでは、新たに長寿命タイプを追加するとともに、容量範囲も拡大します。日立イプは、本製品をサーバーや産業機器などの小容量電源として、幅広い分野に向けて販売していきます。

日立イプは、お客さまのニーズに応じてさまざまな容量のUPSを取りそろえています。小容量モデルにおいても、常時インバーター給電方式を採用した、信頼性の高い汎用小型UPS「ミニ・セーフ」を販売してきました。本製品の特長は以下の通りです。

主な特長
1. 長寿命タイプをラインアップに追加
バッテリーを除く部品の交換が不要となる長寿命タイプ(UPS本体期待寿命10年)をラインアップに追加しました。これにより、標準タイプ(UPS本体期待寿命6年)に比べ、約35%の費用削減を実現します*2。

2. 給電信頼性の高い常時インバーター給電方式
本製品は、これまでの「ミニ・セーフ」シリーズと同様に、正弦波インバーター*3で常に安定した電力を供給する常時インバーター給電方式を採用しています。常にインバーターで給電することで出力周波数も安定しており、他の方式と比較して給電信頼性が高く、重要性が高い設備への対応も可能です。

3. ネットワーク対応によりUPSの監視・管理が可能
本製品をはじめ、「ミニ・セーフ」シリーズでは、SNMP*4機能のオプション追加により、ネットワークを経由してUPSの稼動状況や障害情報などをお客さまの管理モニター画面に表示できます。また、パワーモニターHN機能のオプション追加により、ネットワーク内サーバーなどの稼働状況に応じて自動シャットダウンやスケジュール運転なども実行可能となります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/05/0520.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、特許情報提供サービス「Shareresearch」において、AIの活用で知的財産部門の業務効率化を実現する新機能を販売開始
2019年06月13日 10時00分
 
日立と日立ビルシステム、昇降機事業のグローバル展開を支えるVR技術を活用したエンジニア教育システムを本格導入
2019年06月12日 10時00分
 
日立ソリューションズ、「働き方改革向け業務可視化・分析サービス」をクラウドで販売開始
2019年06月11日 12時00分
 
日立ソリューションズ、手ぶら決済などの生体認証をクラウド上でも使えるサーバーソフトウェアを販売開始
2019年06月10日 13時00分
 
日立と博報堂、「第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施
2019年06月06日 11時00分
 
日立とボンバルディア社がイタリアの鉄道運営会社トレニタリア社と高速車両14編成の供給と保守に関する契約を締結
2019年06月05日 13時00分
 
日立の工場現場で培ったノウハウを活用し、事業の継続性を重視したリスク分析を実現する「工場向けサイバーBCPリスクアセスメント」を提供開始
2019年06月05日 11時00分
 
日立(中国)有限公司河北雄安分公司を設立
2019年06月05日 10時00分
 
日立が東亜石油からガスタービン保守の信頼性向上を目的とした高温部品管理プラットフォームを受注
2019年06月04日 13時00分
 
日立と米国バートゥサ社が、AIを活用した金融機関向けソリューションの提供に向けた協業を開始
2019年06月03日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>