2019年05月22日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、グループCSR方針の改定について


東京, 2019年05月22日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、グループCSR方針を改定しました。

当社グループは、これまでもCSRは経営の根幹をなすものと考え、豊かさと持続性の調和した社会の創造への貢献する企業を目指してきました。この度、中長期的に持続可能な社会への貢献を目指す姿勢をステークホルダーに明確に示すため、グループCSR方針を以下の通り見直しました。当社グループは新たなCSR方針のもと、安全とコンプライアンスを基盤とした経済的価値・社会的価値の創造に努めます。

昭和電工グループCSR方針(2019年5月~)
事業活動を通じたSDGs課題解決への貢献と「私たちの行動規範」に基づく全社員の行動によりすべてのステークホルダーにご満足いただける社会貢献企業を目指します

当社は2015年に14のマテリアリティ(重要性)を特定し、事業活動やCSR活動に取り組んでまいりました。CSR方針の改定に併せ、マテリアリティの重点をより明確にするため、「事業活動を通じたSDGs貢献」、「環境課題への取り組み」、「持続可能な人材、労働環境づくり」の3つの中核課題に集約しました。今後は、マテリアリティに中期的なKPIを定めて進捗を管理していくと同時に、中核課題をその方針とともに明確に示し、グループ内外の周知・浸透を図ります。

なお、当社は金融安定理事会(FSB)により設置された気候変動情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同することを決定し、5月27日に設立総会が開かれるTCFDコンソーシアムに参加します。今後はTCFD提言に基づき、気候変動が事業に与える影響に関して積極的な情報開示を進めます。

当社グループはすべてのステークホルダーを満足させるという経営理念の下、事業を通じて地球環境やエネルギー・資源問題をはじめ、さまざまな社会的課題の解決に取り組んでいます。今後もグループ一丸となり、豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2019/27203.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


中核課題とマテリアリティ
 

関連プレスリリース


昭和電工、連結業績予想の修正に関するお知らせ
2019年08月07日 15時00分
 
昭和電工、2019年12月期第2四半期決算を発表
2019年08月07日 15時00分
 
昭和電工、アルミニウム合金とポリカーボネート樹脂の直接接合技術を確立
2019年08月05日 11時30分
 
昭和電工、トヨタ自動車が中国で販売するハイブリッド車向けに発電モーター封止用BMCを供給
2019年08月05日 11時30分
 
昭和電工、第2世代高品質パワー半導体用SiCエピウェハーを開発
2019年08月01日 11時30分
 
昭和電工、「夢・化学‐21 夏休み子ども化学実験ショー」に出展
2019年08月01日 11時30分
 
昭和電工、総務省及び経済産業省より「革新的データ産業活用計画」の認定を取得
2019年08月01日 11時30分
 
昭和電工、温室効果ガス(GHG)の2030年削減目標の設定とGHG国際基準への準拠を発表
2019年07月23日 11時30分
 
昭和電工、2018年度アルミ缶リサイクル活動実績
2019年06月06日 14時30分
 
昭和電工、電子材料用高純度ガスの価格改定について
2019年06月03日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>