2019年05月22日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、グループCSR方針の改定について


東京, 2019年05月22日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、グループCSR方針を改定しました。

当社グループは、これまでもCSRは経営の根幹をなすものと考え、豊かさと持続性の調和した社会の創造への貢献する企業を目指してきました。この度、中長期的に持続可能な社会への貢献を目指す姿勢をステークホルダーに明確に示すため、グループCSR方針を以下の通り見直しました。当社グループは新たなCSR方針のもと、安全とコンプライアンスを基盤とした経済的価値・社会的価値の創造に努めます。

昭和電工グループCSR方針(2019年5月~)
事業活動を通じたSDGs課題解決への貢献と「私たちの行動規範」に基づく全社員の行動によりすべてのステークホルダーにご満足いただける社会貢献企業を目指します

当社は2015年に14のマテリアリティ(重要性)を特定し、事業活動やCSR活動に取り組んでまいりました。CSR方針の改定に併せ、マテリアリティの重点をより明確にするため、「事業活動を通じたSDGs貢献」、「環境課題への取り組み」、「持続可能な人材、労働環境づくり」の3つの中核課題に集約しました。今後は、マテリアリティに中期的なKPIを定めて進捗を管理していくと同時に、中核課題をその方針とともに明確に示し、グループ内外の周知・浸透を図ります。

なお、当社は金融安定理事会(FSB)により設置された気候変動情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同することを決定し、5月27日に設立総会が開かれるTCFDコンソーシアムに参加します。今後はTCFD提言に基づき、気候変動が事業に与える影響に関して積極的な情報開示を進めます。

当社グループはすべてのステークホルダーを満足させるという経営理念の下、事業を通じて地球環境やエネルギー・資源問題をはじめ、さまざまな社会的課題の解決に取り組んでいます。今後もグループ一丸となり、豊かさと持続性が調和する社会の創造に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2019/27203.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室
03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

マルチメディア


中核課題とマテリアリティ
 

関連プレスリリース


昭和電工、2018年度アルミ缶リサイクル活動実績
2019年06月06日 14時30分
 
昭和電工、電子材料用高純度ガスの価格改定について
2019年06月03日 11時30分
 
昭和電工小山事業所が日本化学工業協会 安全最優秀賞を受賞
2019年06月03日 11時30分
 
昭和電工、液体塩素の価格改定について
2019年05月29日 10時30分
 
昭和電工、国内アルミニウム缶事業の生産ライン再編を実施
2019年05月28日 15時02分
 
昭和電工、ノンスティック・コーティングメーカー ILAG社の買収を決定
2019年05月28日 15時00分
 
昭和電工、寒冷地で施工可能なコンクリート構築物修復材を開発
2019年05月23日 11時30分
 
昭和電工、アンチポリューション化粧品原料 イノシトール糖誘導体Moistol(R)を開発
2019年05月14日 11時30分
 
昭和電工、カーボン事業部の欧州生産拠点での設備改善工事投資を決定
2019年05月09日 15時04分
 
昭和電工、統合基幹業務システムに「SAP S/4HANA」を導入
2019年05月09日 15時02分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>