2019年05月22日 14時00分

Source: NEC Corporation

NEC、独自技術で系統安定化と電力需要家のエネルギーマネジメントの両立を実現

関西電力実施の多数蓄電池を用いた周波数制御実証試験で確認

東京, 2019年05月22日 - (JCN Newswire) - NECは多数の需要家蓄電池を遠隔からリアルタイムで制御する独自技術(階層協調制御方式・仮想統合制御技術、注1)の研究開発を進めています。本技術は、関西電力株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:岩根 茂樹)にて構築した需要家蓄電池を活用した周波数制御技術に関する実証試験用システムに採用されており、このたび同社で実施された実証試験において、系統向けサービスへの活用と電力需要家のエネルギーマネジメントの両立を実現しました。

実際の需要家蓄電池及び多数の模擬蓄電池(合計1万台規模)に対する遠隔監視・高速制御の実証では、NEC独自技術である階層協調制御方式・仮想統合制御技術により1万台規模の分散電源を秒単位で一括制御できることが確認できました。また、電力系統の安定化に寄与する周波数制御と需要家蓄電池本来の利便性(エネルギーマネジメント、BCP対策等)を同時に実現する同時マルチユース(注2)の実証では、従来は時間帯ごとにVPP(Virtual Power Plant、注3)サービスとエネルギーマネジメントサービスを分ける必要がありましたが、需要家用蓄電池本来の利便性を損なわない同時マルチユースの技術的実現可能性を確認できました。

今後、NECは実用化に向け独自技術の更なる高度化を目指します。一括制御技術を通じて、電力系統の安定化を図り、再生可能エネルギーの接続問題の解決・安定的な導入拡大に貢献していくとともに、需要家が従来の蓄電池の利便性を損なわずに未利用電力を有効活用できるよう、マルチユースの高度化を実現していきます。
NECは、蓄電池技術を基盤に分散型エネルギーの普及を進め、エネルギーの自給自足を目指す新しいエネルギー社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201905/20190522_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、米国オレゴン州の小学校周辺地域向けに蓄電システムを提供
2019年06月13日 09時00分
 
dotDataとNEC、AWSに対応したデータ分析自動化関連ソリューションを拡充
2019年06月12日 10時00分
 
NEC、アマゾン ウェブ サービス上で運用可能な高品質・高信頼のモバイルコアソリューションを製品化
2019年06月12日 10時00分
 
NECソリューションイノベータ、現場作業支援ソリューションのための「音声対話型AI帳票」が「JISA Awards 2019」を受賞
2019年06月11日 16時00分
 
NEC、建設キャリアアップシステムと連携した「建設現場顔認証入退管理サービス」を提供開始
2019年06月11日 10時00分
 
NECとアビアット、 北米におけるワイヤレスバックホール事業で協業
2019年06月11日 09時00分
 
NEC、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて「サイバーコロッセオ」の開催を支援
2019年06月10日 14時00分
 
富士市とNECソリューションイノベータ、働き方改革の推進に関する連携協定を締結
2019年06月07日 14時00分
 
世界同盟Gavi、NEC、英Simprintsが途上国の予防接種率向上に向けた生体認証活用で覚書を締結
2019年06月06日 09時00分
 
NEC、WorkFusion社と提携しAI搭載のRPAを提供開始
2019年06月05日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>