2019年05月22日 14時00分

Source: NEC Corporation

NEC、独自技術で系統安定化と電力需要家のエネルギーマネジメントの両立を実現

関西電力実施の多数蓄電池を用いた周波数制御実証試験で確認

東京, 2019年05月22日 - (JCN Newswire) - NECは多数の需要家蓄電池を遠隔からリアルタイムで制御する独自技術(階層協調制御方式・仮想統合制御技術、注1)の研究開発を進めています。本技術は、関西電力株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:岩根 茂樹)にて構築した需要家蓄電池を活用した周波数制御技術に関する実証試験用システムに採用されており、このたび同社で実施された実証試験において、系統向けサービスへの活用と電力需要家のエネルギーマネジメントの両立を実現しました。

実際の需要家蓄電池及び多数の模擬蓄電池(合計1万台規模)に対する遠隔監視・高速制御の実証では、NEC独自技術である階層協調制御方式・仮想統合制御技術により1万台規模の分散電源を秒単位で一括制御できることが確認できました。また、電力系統の安定化に寄与する周波数制御と需要家蓄電池本来の利便性(エネルギーマネジメント、BCP対策等)を同時に実現する同時マルチユース(注2)の実証では、従来は時間帯ごとにVPP(Virtual Power Plant、注3)サービスとエネルギーマネジメントサービスを分ける必要がありましたが、需要家用蓄電池本来の利便性を損なわない同時マルチユースの技術的実現可能性を確認できました。

今後、NECは実用化に向け独自技術の更なる高度化を目指します。一括制御技術を通じて、電力系統の安定化を図り、再生可能エネルギーの接続問題の解決・安定的な導入拡大に貢献していくとともに、需要家が従来の蓄電池の利便性を損なわずに未利用電力を有効活用できるよう、マルチユースの高度化を実現していきます。
NECは、蓄電池技術を基盤に分散型エネルギーの普及を進め、エネルギーの自給自足を目指す新しいエネルギー社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201905/20190522_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC・IDB Lab・ビットコインアルゼンチン、ブロックチェーンの技術を活用したデジタルIDシステムの開発に関する覚書を締結
2019年08月23日 17時00分
 
NEC、サウジアラビアのメッカで高度交通運用管理システムを受注
2019年08月23日 10時00分
 
NEC、ローソンが実施するスマート店舗(深夜省人化)実験において入店管理システムやセルフレジなどを提供
2019年08月22日 13時30分
 
NEC、ITシステムのモダナイゼーションを支援するハイブリッドIT製品群を強化
2019年08月22日 10時00分
 
NEC、価値創出の源となるESGの取り組みを公開
2019年08月21日 15時09分
 
NEC・OKI・産総研・豊田通商など、複数のAIが互いの利害を自動調整するための検証環境が国際業界団体「IIC」から承認
2019年08月21日 13時10分
 
NEC、暗号OCB2の脆弱性を発見、ISO規格除外に貢献
2019年08月20日 10時00分
 
NEC、従来技術の半分の学習データ量でも高精度に識別可能なディープラーニング技術を開発
2019年08月19日 12時00分
 
三宅町とNECソリューションイノベータ、町役場内で"「ありがとう」を送りあうキャンペーン"を実施
2019年08月19日 10時00分
 
NEC発の創薬バイオベンチャー サイトリミック、CYT001臨床開発のための13億円の資金調達完了
2019年08月09日 10時28分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>