2019年05月24日 11時00分

Source: Mazda

マツダ、新世代商品第一弾「MAZDA3」の国内販売を開始


広島, 2019年05月24日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代商品の第一弾となる「MAZDA3(マツダ・スリー)」の販売を、全国のマツダ販売店を通じて本日より開始します*1。MAZDA3は、「日常が鮮やかに輝くパーソナルカー」をコンセプトに、デザイン、走行性能、静粛性、質感などの基本要素を一新し、クルマならではの提供価値に磨きをかけたコンパクトカーです。

デザインについては、「Car as Art(アートとしてのクルマ)」というマツダデザインの哲学を追求し、世界で高い評価を受けている「魂動デザイン」をさらに深化。日本の美意識に基づく「引き算の美学」でクルマのフォルムから不要な要素を削ぎ落し、滑らかなボディの面を走る繊細な光の移ろいによって豊かな生命感を表現、独自の造形を創出しました。個性が異なる2つの姿を、セダンとファストバックで表現しました。

走行性能については、理想の運転姿勢を「人間が歩いている時の姿勢」と定義し、人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を新開発。パワートレインはマツダが世界で初めて*2実用化した独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用した「SKYACTIV-X(スカイアクティブ エックス)」をはじめとする最新のSKYACTIVエンジンを搭載することで、街中から郊外、高速道路まで、様々な走行シーンで肩の力を抜いて、意図した通りに運転できるようになり、どこまでも走ってゆきたくなるクルマを目指しました。

そのほか、必要な音だけが自然に心地よく聞こえる室内空間や各スピーカーの位置と方向を刷新したオーディオシステム「Mazda Harmonic Acoustics(マツダ ハーモニック アコースティックス)」、ドライバーを常に見守り緊急時の回避・被害軽減を支援する、進化した先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*3、直感的な操作性と機能性をさらに向上させたコネクティビティ・システム「マツダ コネクト」などの装備により、安心・安全、そして心地よい運転体験を提供します。

マツダは、このMAZDA3から新たな次元の「走る歓び」をお客さまにお届けします。今後もマツダは、お客さまにマツダ車を乗り続ける価値を感じていただき、「お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド」を目指してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201905/190524a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


マツダ、「MAZDA3」が2019年「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
2019年11月18日 13時00分
 
マツダ、「MAZDA CX-30」が独「ゴールデンステアリングホイール賞」を受賞
2019年11月14日 11時00分
 
マツダ、「マツダ ロードスター」を商品改良
2019年11月14日 11時00分
 
マツダ、初代「マツダ ロードスター」が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定
2019年11月08日 15時10分
 
マツダ、東京本社移転のお知らせ
2019年10月31日 14時00分
 
マツダ、2019年9月および4月~9月の生産・販売状況について(速報)
2019年10月30日 12時30分
 
マツダ、東京モーターショーにて初の量産EV「MAZDA MX-30」を世界初公開
2019年10月23日 12時00分
 
マツダ、「MAZDA CX-8」を商品改良
2019年10月23日 12時00分
 
マツダ、令和元年台風第19号の被害に対する支援について
2019年10月21日 09時00分
 
中国電力・明電舎・マツダ、EV駆動用バッテリーのリユース技術を活用したバーチャルパワープラント実証試験について
2019年10月17日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>