2019年05月27日 11時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工サーマルシステムズ、「暖ガンハイパーインバーター」6月から順次発売

店舗・オフィス用エアコンに寒冷地向けシリーズが新たにラインアップ

東京, 2019年05月27日 - (JCN Newswire) - 三菱重工サーマルシステムズ株式会社(社長:楠本 馨、本社:東京都港区)は、寒冷地向けの店舗・オフィス用エアコンとして「暖ガンハイパーインバーター」シリーズを6月から順次発売します。外気温が低い条件下でも高い暖房能力を発揮し、快適な暖房を可能にしました。本シリーズは3、4、5および6馬力(注1)の4機種と7つのタイプの室内ユニットで構成され、シングルタイプ、同時運転ツインタイプおよび同時運転トリプルタイプを含め全50機種をラインアップして多様なニーズに対応できます。3馬力と4馬力のモデルでは業界トップのAPF値(注2)を達成しています。

室外ユニットには大容量コンプレッサを搭載。また、3、4馬力では2つの膨張弁を最適に制御することにより、外気温マイナス10度DB(注3)でも定格暖房能力をキープし、連続暖房運転最大3時間(注4)を可能としました。

また、ユニット内の凍結防止対策としてドレンパンヒーターの標準装備や、外気温が低い時に自動でファンを間欠運転しファンの着雪を防ぐ着雪防止ファン制御の採用、別売オプションの各種防雪フードを用意しており、寒冷地区や降雪地域でも安心してご使用いただけます。

50機種の室内ユニットは、天井埋込形4方向吹出しFDTをはじめ、2方向吹出しFDTW、天埋カセテリアFDR、高静圧ダクト形FDU、天吊形FDE、壁掛形FDK、床置形FDFの7タイプをそろえました。

運転開始設定時間にお部屋が設定温度近くになるように、マイコンが運転開始時間を予測して5〜60分前から運転を開始するウォームアップタイマーを装備。天井埋込形4方向吹出しFDTシリーズでは3列熱交換器を採用し、立ち上がり3分で50度温風、8分で60度以上の高温風(注5)を吹出すパワフル暖房を実現。さらにオプションパネルに搭載のAirFlex機能を使用することにより「風を直接当てずに」心地よい気流をつくり、お部屋全体を快適にあたためます。

三菱重工サーマルシステムズは、引き続き店舗・オフィス用エアコンやビル用マルチエアコンをはじめとするパッケージエアコン市場で環境やお客様の利便性、操作性に配慮した製品づくりを手掛けていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/190527.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱日立パワーシステムズ、火力発電所の運転・保守支援で協業、ウズベキスタン共和国エネルギー省との覚書に調印
2019年07月19日 16時00分
 
高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systems社、三菱重工とプライメタルズテクノロジーズが買収へ
2019年07月17日 17時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、Jパワーの米国現地法人向けに120万kW級GTCC発電設備を受注
2019年07月09日 09時00分
 
日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池セルスタックの製造・販売を行う合弁会社の設立・共同運営に関する契約を締結
2019年07月08日 08時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、独フォルクスワーゲン向けにH-100形ガスタービンを2基受注
2019年07月05日 10時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年07月01日 15時00分
 
三菱重工、グループ会社の人事異動を発表
2019年07月01日 14時00分
 
三菱重工業とカナダ・ボンバルディア社はCRJ事業に関する事業譲渡契約を締結
2019年06月25日 21時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、役員人事を発表
2019年06月25日 16時20分
 
三菱日立パワーシステムズ、フィリピンでサービス事業に特化した新会社を設立
2019年06月25日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>