2019年05月28日 11時00分

Source: Sony

ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化

長距離や高速移動中の安定的な無線通信サービスの展開に貢献

東京, 2019年05月28日 - (JCN Newswire) - ソニーは、IoT向けに独自開発した低消費電力広域(以下、LPWA:Low Power Wide Area)通信規格のELTRES(TM)(エルトレス)に対応した通信モジュール『CXM1501GR』を商品化します。本商品が組み込まれたIoT向け端末機器は、今秋サービス開始予定の「ELTRES IoTネットワークサービス」※1に接続することが可能となります。

幅広いIoT向け端末機器への採用を推進することで、長距離や高速移動中の安定的な無線通信の特長を活かした多様なサービスへの展開と、新しい市場の創造を図ってまいります。

多くのIoTシステムは、各種センサーから得られた情報を、無線通信でクラウドサーバーに転送し、クラウドでデータ蓄積、処理を行い、その結果をユーザーのスマートフォンやタブレットに表示する構成となっています。LPWAネットワーク技術は、伝送するデータ量が少なく、低消費電力かつ広域で利用可能な無線通信技術で、IoTシステムの通信用途として今後大きな需要が見込まれています。

本通信モジュール『CXM1501GR』は、ELTRESの通信規格のプロトコルに基づき、920MHz帯での電波を発信する新開発の変調LSI、および外付けアンテナとのインピーダンス整合を行う回路を内蔵しています。さらに、IoT向けに重要なセンサーの一つである時刻情報と位置情報を取得するGNSS受信LSI、およびGNSS受信に必要なSAWフィルタ等の高周波部品をすべて内蔵しています。そのため、本商品を採用することで、多種多様なIoT向けエッジデバイスを容易に設計できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201905/19-048/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


「ソードアート・オンライン -エクスクロニクル-」に、ソニーがAIやAR、VRの最先端技術で協力
2019年07月22日 13時00分
 
ソニー、エンタテインメントロボット"aibo"(アイボ)の「aiboプレミアムプラン」の提供を開始
2019年07月18日 14時00分
 
ソニービジネスソリューション、AIアナウンサー「荒木ゆい」を、玉川髙島屋S・Cのインフォメーション係として提供
2019年07月16日 15時00分
 
ソニー、4年目を迎える「Sony Research Award Program」を実施
2019年07月16日 12時00分
 
スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』、全米初登場第1位、日本でも動員100万人を突破
2019年07月11日 15時00分
 
ソニー、焦点距離35mm・フルサイズ対応の大口径広角単焦点レンズ『FE 35mm F1.8』発売
2019年07月10日 13時30分
 
ソニー、最長で計24時間再生可能な完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』発売
2019年07月05日 13時00分
 
ソニー損保、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を長崎県の認定こども園に寄贈
2019年07月05日 09時00分
 
スパイダーマン最新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』、世界に先駆け日本公開、大ヒットスタート
2019年07月04日 16時00分
 
ソニーと大和証券グループがベンチャー企業支援を行う投資ファンド「Innovation Growth Fund」を組成
2019年07月03日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>