2019年05月28日 11時00分

Source: Sony

ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格ELTRES(TM)に対応した通信モジュールを商品化

長距離や高速移動中の安定的な無線通信サービスの展開に貢献

東京, 2019年05月28日 - (JCN Newswire) - ソニーは、IoT向けに独自開発した低消費電力広域(以下、LPWA:Low Power Wide Area)通信規格のELTRES(TM)(エルトレス)に対応した通信モジュール『CXM1501GR』を商品化します。本商品が組み込まれたIoT向け端末機器は、今秋サービス開始予定の「ELTRES IoTネットワークサービス」※1に接続することが可能となります。

幅広いIoT向け端末機器への採用を推進することで、長距離や高速移動中の安定的な無線通信の特長を活かした多様なサービスへの展開と、新しい市場の創造を図ってまいります。

多くのIoTシステムは、各種センサーから得られた情報を、無線通信でクラウドサーバーに転送し、クラウドでデータ蓄積、処理を行い、その結果をユーザーのスマートフォンやタブレットに表示する構成となっています。LPWAネットワーク技術は、伝送するデータ量が少なく、低消費電力かつ広域で利用可能な無線通信技術で、IoTシステムの通信用途として今後大きな需要が見込まれています。

本通信モジュール『CXM1501GR』は、ELTRESの通信規格のプロトコルに基づき、920MHz帯での電波を発信する新開発の変調LSI、および外付けアンテナとのインピーダンス整合を行う回路を内蔵しています。さらに、IoT向けに重要なセンサーの一つである時刻情報と位置情報を取得するGNSS受信LSI、およびGNSS受信に必要なSAWフィルタ等の高周波部品をすべて内蔵しています。そのため、本商品を採用することで、多種多様なIoT向けエッジデバイスを容易に設計できます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201905/19-048/index.html

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。



Source: Sony
セクター: メディア, ITエンタープライズ, アートとデザイン, ベンチャーキャピタル, デジタル

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、人類のクリエイティビティの拡張に向けて人工知能(AI)の研究開発を加速する「Sony AI」を新設
2019年11月20日 10時00分
 
ソニー、インドに研究拠点を設立
2019年11月14日 14時00分
 
ソニー、「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に出展
2019年11月13日 11時00分
 
ソニー、莫大なデータを長期間安全に保管するオプティカルディスク・アーカイブ第3世代発売
2019年11月13日 11時00分
 
ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ) ソフトウェアAPIの公開を開始
2019年11月11日 11時00分
 
ソニー・グローバルエデュケーションと早稲田アカデミーが業務提携
2019年11月07日 15時00分
 
ソニーCSLと森ビル、六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始
2019年10月29日 15時00分
 
ソニー、新素材「Triporous(トリポーラス)」の繊維・アパレル業界へのライセンスを開始
2019年10月23日 15時00分
 
ソニービジネスソリューション、東京都交通局様から都営地下鉄浅草線、大江戸線への無停電電源装置(UPS)納入を受注
2019年10月18日 15時00分
 
国内タクシー配車サービスアプリ初、S.RIDEがwhat3wordsと提携しサービスを拡充
2019年10月18日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>