2019年06月04日 10時00分

Source: Mazda

マツダ、自動車リサイクル法に基づく2018年度再資源化などの実績について


広島, 2019年06月04日 - (JCN Newswire) - マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2005年1月1日にスタートした自動車リサイクル法に基づき、使用済み自動車のシュレッダーダスト(ASR:Automobile Shredder Residue)、エアバッグ類、フロン類の特定3品目について、2018年度(2018年4月1日から2019年3月31日)の再資源化などの実績を公表しました。

マツダは、お客さまに預託していただいたリサイクル料金によって、全国で特定3品目の再資源化を行っており、2018年度はASR引取りが台数で15万台、重量で約29,400トン、うち約28,700トンを再資源化しました。ASRの再資源化率は97.8%となり、2015年度以降の法定基準70%を2008年度から継続して達成、車両のリサイクル実効率*1で99%を超えています。

さらにエアバッグ類は、13万台(53万個)を引取り、回収処理または車上作動処理*2により再資源化を行いました。エアバッグ類の再資源化率は94.2%と法定基準85%を上回りました。また、フロン類についても14万台を適正に処理しました。

特定3品目の再資源化などに要した費用の総額は14.9億円で、資金管理法人から払い渡しを受けた預託金の総額は17.4億円、全体収支は2.5億円の黒字となりました。このうち2.4億円(2017年度収支黒字相当額)を自動車のリサイクルの高度化等に関する学術的・実践的調査・研究、並びに資源の有効活用や環境保護等に関する研究等への助成および事業を行う、公益財団法人自動車リサイクル高度化財団*3に拠出しました。また、2012年導入の新型車より最新の実績を反映したリサイクル料金の見直しを実施しています。

マツダは今後も、中長期で全体収支のバランスが取れるよう再資源化事業を推し進め、限りある資源を有効活用する循環型社会の構築に向けた取り組みを継続します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201906/190604a.html

概要:マツダ株式会社

詳細は www.mazda.co.jp をご覧ください。

Source: Mazda
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


マツダ、「MAZDA2」の予約受注を開始
2019年07月18日 15時00分
 
米国マツダ・トヨタ合弁新工場、トヨタの生産予定車種を変更
2019年07月11日 07時00分
 
マツダ、「スクラムバン」と「スクラムワゴン」を一部改良して発売
2019年07月04日 12時00分
 
マツダ、「MAZDA6」の予約受注を開始
2019年07月04日 12時00分
 
マツダ、広島本社で「自動車専用船見学会」を開催
2019年07月02日 11時00分
 
マツダ、「自動車用次世代液体燃料シンポジウム2019」への参加について
2019年07月02日 09時00分
 
マツダ、人事異動を発表
2019年07月01日 13時00分
 
いすゞ、スズキ、SUBARU、ダイハツ、マツダがMONETと資本・業務提携
2019年06月28日 11時00分
 
マツダ、2019年5月の生産・販売状況について(速報)
2019年06月27日 11時00分
 
マツダ、組織改革と人事異動を発表
2019年06月26日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>