2019年06月10日 11時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工、プラント巡回防爆ロボット「EX ROVR」の走行試験を実施

JXTGエネルギーと共同で、水島製油所にて

東京, 2019年06月10日 - (JCN Newswire) - 三菱重工業は、JXTGエネルギー株式会社と共同で、引火性ガスの中でも自らが出す電気火花や熱などで爆発や火災を引き起こす危険性を抑えた防爆性能を有するプラント巡回ロボット「EX ROVR(エクスローバー)」のプロトタイプ機による走行試験を、JXTGエネルギー水島製油所(岡山県倉敷市)で実施しました。

試験では、階段昇降を含む狭隘なプラント内の複数フロア自律巡回走行、各種搭載センサーによるデータ取得や、ドッキングステーションでの充電を含む連続自動運転を実施し、開発中の同ロボットが、JXTGエネルギーのプラントにおける日常巡回点検や非常時対応を行うための基礎的な機能要件を満たすことを確認しました。両社は、今回の試験結果について評価を掘り下げ、課題のさらなる洗い出しを行い、改良を進めていきます。

当社が原子力発電プラント事故収束支援活動などで成果を挙げたロボットの技術などをベースに開発中のプラント巡回防爆ロボットは、日本における国内防爆指針および欧州をはじめ世界で広く採用されている防爆認証のATEX/IECEx(注)に適合した防爆設計で、可燃性ガスのある危険場所(Zone1)で安全に使用することができます。プラントの点検密度向上や安全性強化に向け、多様なプラント環境での試験・実証を行いながら商用化を目指します。

三菱重工は、防爆ロボット技術を活用した新たなソリューション提案を通じ、プラントの安全性・生産性向上に貢献できるよう開発を進めていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhi.com/jp/news/story/190610.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)併催の「日本・アフリカビジネスEXPO」に出展
2019年08月22日 14時00分
 
三菱重工環境・化学エンジニアリング、処理能力600トン/日の一般廃棄物焼却施設「広島市中工場」を長寿命化
2019年08月20日 12時27分
 
三菱重工、航空エンジン部品の新工場「新燃焼器センター」を長崎造船所の敷地内に建設
2019年08月19日 15時23分
 
三菱重工、社会・経済・環境の3側面から定量的に示す指標としてQoEn(TM)(クウォン)を開発へ
2019年08月09日 14時30分
 
三菱重工、2019年度 第1四半期決算概要を発表
2019年08月05日 14時46分
 
三菱造船、下関で阪九フェリー向けカーフェリー シリーズ1番船の命名・進水式を実施
2019年08月02日 14時53分
 
三菱重工、「種子島宇宙教室 2019」募集開始
2019年07月29日 18時30分
 
三菱重工工作機械、テーブル形横中ぐりフライス盤の新シリーズMAF-EIIを発売
2019年07月24日 11時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、火力発電所の運転・保守支援で協業、ウズベキスタン共和国エネルギー省との覚書に調印
2019年07月19日 16時00分
 
高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systems社、三菱重工とプライメタルズテクノロジーズが買収へ
2019年07月17日 17時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>