2019年06月10日 13時00分

Source: Hitachi

日立ソリューションズ、手ぶら決済などの生体認証をクラウド上でも使えるサーバーソフトウェアを販売開始

PBI技術を採用し、情報漏洩リスクの回避と利用者の利便性向上を実現

東京, 2019年06月10日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、公開鍵暗号基盤(PKI)技術を応用した製品「Biometric Signature Server」を6月11日から販売開始します。本製品は、株式会社日立製作所の研究技術である「公開型生体認証基盤(PBI*1)」を採用しています。

「Biometric Signature Server」は、生体情報から作成した公開鍵をあらかじめサーバーに登録しておき、認証時に生体情報から秘密鍵を抽出することで、安心、安全に生体認証を行うことができるソフトウェア製品です。サーバーやクライアント、ICカードやスマートフォンなどに生体情報を保存することなく認証でき、生体情報から作成した公開鍵は、PKIを利用している従来のシステムとも親和性が高く、連携が容易です。

これらにより、事業者は、生体情報の漏洩リスクを回避でき、オンプレミスに加え、クラウド上でも本製品を利用できます。また、既存のPKI基盤と連携することで、複数の事業者と幅広い用途で生体認証を共用できるようになります。さらに、利用者にとっても物理媒体が不要となることで手ぶらで決済や電子署名などが可能となり、利便性が向上します。

日立ソリューションズは、指静脈認証システム「静紋シリーズ」を多くのお客様に提供しており、本ソフトウェアでは、第一弾として指静脈認証に対応しています。今後は、指静脈以外の生体認証も本ソフトウェアに適用していく予定です。生体情報そのものを管理することがリスクとなっていた金融機関やPKI認証機関を中心とした社会インフラを支える幅広い分野のお客様に、安心、安全な生体認証環境を提供していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2019/0610

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立グローバルライフソリューションズ、硬度の高い水道水(高硬度水)や井戸水にも対応できる家庭用エコキュート「ナイアガラ タフネス」を発売
2019年08月07日 11時06分
 
日立が東京電力PG・中部電力共同調達による需給調整市場システムを受注
2019年08月02日 10時00分
 
日立グローバルライフソリューションズ、コネクテッド家電のIHクッキングヒーター「火加減マイスター」を発売
2019年08月01日 14時00分
 
筑波大と日立、不整脈の発生部位を高い精度で特定
2019年08月01日 10時00分
 
日立が鉄道運営会社アベリオ社が運営する英国中東部向け都市間高速鉄道車両165両(33編成)を受注
2019年07月31日 17時00分
 
日立キャピタルグループ、青森県五所川原市、中泊町で34.5MWの十三湖風力発電所が竣工
2019年07月31日 11時35分
 
日立オートモティブシステムズがスタートアップ企業との関係強化に向けPlug and Play社と協業を開始
2019年07月31日 11時29分
 
阪急阪神ホールディングスグループと日立製作所が共同で地域包括ケア支援サービス『阪急阪神みなとわ』の提供を開始
2019年07月30日 14時00分
 
日立、2020年3月期 第1四半期 連結決算を発表
2019年07月29日 15時00分
 
日立、電流データをもとに、AIを活用してモーター関連設備の異常発生を自動検知する予兆診断ソリューションを提供開始
2019年07月22日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>