2019年06月10日 14時00分

Source: NEC Corporation

NEC、サイバーセキュリティ人材の育成に向けて「サイバーコロッセオ」の開催を支援


東京, 2019年06月10日 - (JCN Newswire) - NECは、国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長:徳田 英幸、以下、NICT)が主催する「サイバーコロッセオ」の演習事業を受託しました。

NICTは、2016年度より、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会のサイバーセキュリティ担当者を対象に「サイバーコロッセオ」を開催しており、これまでの参加者はのべ500人を超えています。大会本番を来年に控える中、2019年度の「サイバーコロッセオ」は、大会期間中に予想されるサイバー攻撃を模擬した実践的なサイバー演習「コロッセオ演習」と、サイバーセキュリティに係る最新の動向や情報の提供を目的としたスクール形式の講義演習「コロッセオカレッジ」から構成され、6月11日に開講します。(注1)

今回、NECは、サイバーセキュリティの実績豊富な企業・団体と連携し、「コロッセオ演習」や「コロッセオカレッジ」の提供を支援します。これまでの事業を通じて培ったインシデント対応など、セキュリティ対策に係わる知見・技術・経験を演習・講義を通じて伝えることで、サイバーセキュリティ対策強化に貢献していきます。

サイバー空間への攻撃が多発し、サイバーセキュリティ対策が重要課題となる一方で、国内におけるサイバーセキュリティ人材は、2020年に約20万人が不足すると推計されています。(注2)こうした中、NECは、かねてよりサイバーセキュリティ人材の育成を推進してきました。(注3)

NECは、今後もサイバーセキュリティ領域における人材育成やソリューション開発を通じて、安全・安心で豊かな社会の実現に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201906/20190610_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、独自の音響定位技術を用いた空間演出プラットフォームの提供を開始
2019年11月21日 10時00分
 
双日、NTT Com、NEC、NECネッツエスアイの4社が協業し、ミャンマーの通信環境を大幅に改善するインフラを整備
2019年11月20日 15時30分
 
ミツウロコCSとNEC、LPガスの配送業務効率化に向けた実証実験の結果、配送回数・平均配送業務時間を約3割削減
2019年11月20日 10時00分
 
三菱電機とNECが製造業における5G活用に向けた共同検証を開始
2019年11月19日 11時00分
 
大阪大とNEC、パブリッククラウドを利用したクラウドバースティングを実装
2019年11月15日 14時00分
 
大和リースとNEC、快適な職場環境づくりに向けて、感情分析と五感に作用する空間サービスによる実証実験を開始
2019年11月13日 14時30分
 
NEC、核融合科学研究所から次期スーパーコンピュータシステムとしてSX-Aurora TSUBASAを受注
2019年11月12日 10時00分
 
NECとVAXIMM社、ネオアンチゲンによる個別化がんワクチンの共同開発に合意
2019年11月12日 10時00分
 
NECなど、スマートシティのアーキテクチャ構築に関する内閣府SIPを受託
2019年11月08日 11時10分
 
NEC、スマートシティ・アーキテクチャの構築に向けた内閣府SIPを受託し、システム間連携の実証研究を実施
2019年11月08日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>