2019年06月25日 09時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱日立パワーシステムズ、フィリピンでサービス事業に特化した新会社を設立

既設発電所設備の保守・更新需要を取り込み、同国内の事業拡大へ

東京, 2019年06月25日 - (JCN Newswire) - 三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は6月22日、フィリピンにおける火力発電関連設備のサービス事業を手掛ける新会社として「MHPS (Philippines) Plant Services Corporation(MHPS-PSC)」を、当社の現地法人を通じて設立しました。同国内に特化した地域密着のサービス拠点を設立することにより、ボイラーの現地製造機能などすでに競争優位体制にある同国市場を深耕して、さらなる事業拡大につなげていくのが狙いです。

出資元であるMHPS (Philippines) Inc.(MHPS-PHL)は、ルソン島南部のバタンガス(Batangas)市内に本社・工場を構えており、MHPS-PSCは本社をMHPS-PHL敷地内に開設しました。22日に現地では、設立を記念して式典を開催。当社の河相 健社長、その他関係者約150人が出席し、記念植樹などを行いました。

MHPSは、フィリピン市場において火力発電設備に加えて地熱発電設備も多数受注・納入してきました。同国の経済成長に伴う電力需要の増加を背景に、設備の近代化や能力増強の需要が高まっており、有望なサービス商談案件が多く期待できます。今回のMHPS-PSC設立はこれを踏まえたものです。

MHPS-PSCは約50人で営業を開始。フィリピン市場で多面的な情報収集や機動的な商談掘り起こしを展開します。一方、MHPS-PHLは、ボイラー工場を抱える製造・保守機能でMHPS-PSCを支援しながら、国外サービス案件に注力。両社がシナジーを追求して東南アジア市場でのシェアアップを目指します。当社は両社と緊密に連携しながらその事業活動を全面支援していきます。

MHPSは、高効率の大容量発電システムから中小型ガスタービンを活用した省エネシステム、地熱発電までフルレンジの製品群を擁しており、発電設備のトータルソリューションを提供できることが強みです。今後も、様々な発電事業者の多種多様なニーズに的確に対応しながら、電力の安定供給と環境負荷の低減に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhps.com/jp/news/20190624.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工サーマルシステムズ、自然冷媒CO2を用いた冷凍冷蔵コンデンシングユニットC-puzzleに40馬力タイプを開発
2019年12月11日 12時00分
 
マカオLRT(Light Rapid Transit)が営業運転を開始、三菱重工エンジニアリングが9.3kmの路線を新設し車両110両を納入
2019年12月10日 15時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、低GWP冷媒採用で環境保全・省エネをリード
2019年12月03日 11時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、スペイン・マドリッドで開催の「COP25」JAPANパビリオンに出展
2019年12月02日 17時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年12月02日 16時30分
 
三菱重工業、ミャンマーのヤンゴンに駐在員事務所を開設
2019年12月02日 14時00分
 
三菱造船、下関で東海汽船向け貨客船の命名・進水式を実施
2019年11月28日 12時30分
 
三菱重工、第57回技能五輪全国大会で原子力事業部にて「構造物鉄工」金メダル、「電気溶接」銀メダルを獲得
2019年11月19日 13時00分
 
三菱重工航空エンジン、Mitsubishi SpaceJet向けPratt & Whitney GTF PW1200Gエンジンの国産完成品を初出荷
2019年11月13日 17時30分
 
三菱重工、全米における事業活動で消費する電力相当を再生可能エネルギーで発電
2019年10月29日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>