2019年07月08日 08時00分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

日本特殊陶業と三菱日立パワーシステムズ、燃料電池セルスタックの製造・販売を行う合弁会社の設立・共同運営に関する契約を締結


東京, 2019年07月08日 - (JCN Newswire) - 日本特殊陶業株式会社(社長:川合 尊、本社:名古屋市瑞穂区、以下NTK)と三菱日立パワーシステムズ株式会社(社長:河相 健、本社:横浜市西区、以下MHPS)は、このたび、固体酸化物形燃料電池(SOFC(注1))の発電要素である円筒セルスタック(注2)の製造・販売を行う合弁会社を共同で設立・運営することに関し、合弁契約を締結致しました。

燃料電池は、クリーンな発電装置として、業務用、産業用などでの活用が期待され、将来的なエネルギー・環境問題の解決策の一つとして期待されています。

両社は、2014年6月から円筒セルスタックの量産に向けて業務提携を締結して開発を進めておりましたが、それが実り、MHPSの長寿命、熱利用が可能な円筒セルスタック設計技術と、NTKが保有するセラミックスの量産技術を融合させ、高性能円筒セルスタックを事業化する運びとなりました。

今後、NTKにて準備会社を設立した後、競争法当局の審査を経て、合弁会社の設立へと進める予定です。

■合弁会社の概要(予定)

設立する合弁会社については、2社で協議中であり、現時点では以下の内容で検討しています。

(1)名称:検討中
(2)所在地:愛知県小牧市
(3)代表者の役職・氏名:検討中
(4)事業内容:円筒横縞形セルスタックの製造及び販売
(5)資本金:3億円
(6)出資比率:NTK 70%、MHPS 30%
(7)事業開始予定:2019年10月1日

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mhps.com/jp/news/20190705_02.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、社会・経済・環境の3側面から定量的に示す指標としてQoEn(TM)(クウォン)を開発へ
2019年08月09日 14時30分
 
三菱重工、2019年度 第1四半期決算概要を発表
2019年08月05日 14時46分
 
三菱造船、下関で阪九フェリー向けカーフェリー シリーズ1番船の命名・進水式を実施
2019年08月02日 14時53分
 
三菱重工、「種子島宇宙教室 2019」募集開始
2019年07月29日 18時30分
 
三菱重工工作機械、テーブル形横中ぐりフライス盤の新シリーズMAF-EIIを発売
2019年07月24日 11時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、火力発電所の運転・保守支援で協業、ウズベキスタン共和国エネルギー省との覚書に調印
2019年07月19日 16時00分
 
高周波誘導加熱システムの米ABP Induction Systems社、三菱重工とプライメタルズテクノロジーズが買収へ
2019年07月17日 17時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、Jパワーの米国現地法人向けに120万kW級GTCC発電設備を受注
2019年07月09日 09時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、独フォルクスワーゲン向けにH-100形ガスタービンを2基受注
2019年07月05日 10時00分
 
三菱重工、人事異動を発表
2019年07月01日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>