2019年07月10日 11時00分

Source: Hitachi

日立製作所が、働き方改革運動「テレワーク・デイズ2019」に参加


東京, 2019年07月10日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、総務省などが、東京都や関連団体と連携して展開する「テレワーク・デイズ2019」に「特別協力団体」として参加します。日立は、7月22日から8月2日を参加推奨日とし、首都圏で勤務する従業員約18,000人を対象に、以下に取り組みます。

- 在宅勤務やサテライトオフィス勤務などの積極的な実施(一回以上の実施をめざす)
- 在宅勤務などの実施、時差通勤、休暇取得による、朝(7:00~9:00)の通勤者数削減(半減をめざす)

日立は、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速しており、さらなる成長のために、多様な人財が最大限に力を発揮できる環境づくりを推進しています。2016年12月からは、働き方改革の全社運動「日立ワーク・ライフ・イノベーション」に日立グループ全体で取り組んでいます。従業員が限られた時間を効率的に活用して最大限の成果をあげるため、時間や場所にとらわれずに仕事ができるタイム&ロケーションフリーワークは、日立の働き方改革の主要施策です。日立は、「テレワーク・デイズ2019」への参加により、さまざまな人財が力を発揮できる環境づくりに一層取り組んでいきます。

タイム&ロケーションフリーワークの主な施策

1. 勤務制度
- 在宅勤務制度は、一定時間の出社義務や、実施回数の制限なし。自宅に加え、育児、介護、看護などのために必要な場所や単身赴任者の実家での勤務も可能。
- 管理職は、会社が認める場合、どこでも勤務可能なロケーションフリーワークの実施が可能。

2. サテライトオフィス
- 2019年6月末時点で、社内外にサテライトオフィスを61拠点設置。
- 日立グループ全体で月50,000人を超える利用。

3. IT環境
- いつでもどこでも安全に社内ネットワークにアクセスできる環境の整備。
- ヘッドセットや液晶ディスプレイなどのITツール約30,000台を配布し、会議のオンライン化やペーパーレス化を実現。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/07/0710a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立オートモティブシステムズ、一般道での自動運転実用化に向け、安全な走行を実現するための高精度な追従走行を可能にする技術を開発
2019年10月11日 16時00分
 
日立産機システム、サルエアー社のミシガンシティ工場を拡張し生産設備増強
2019年10月11日 11時00分
 
日立がラオスにおける昇降機事業を拡大
2019年10月10日 14時14分
 
日立、最先端AEMSと水素エネルギーによるスマートシティへ「HARUMI FLAG」にAI-AEMSを導入
2019年10月10日 11時00分
 
日立、シームレスなデータ運用でお客さまのデジタルトランスフォーメーションに貢献するスケールアウト型フラッシュストレージやクラウド関連サービスを販売開始
2019年10月10日 11時00分
 
西友が日立との協創を通じ、AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムを導入開始
2019年10月09日 11時00分
 
UACJと日立、マテリアルズ・インフォマティクスを活用した高機能アルミニウムの効率的な研究開発に向けた協創を開始
2019年10月08日 13時00分
 
日立と日立ビルシステム、人流予測型エレベーター運行管理システム「FI-700」を開発
2019年10月08日 13時00分
 
日立、重要な社会インフラの安定稼働を支援する「制御システム向けセキュリティ監視・分析支援サービス」を販売開始
2019年10月07日 13時00分
 
住友ゴム、日立、PTCが、AI・IoTプラットフォームを活用した高品質・高効率のタイヤ生産システム構築に向けて本格的な協業を開始
2019年10月04日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>