2019年07月11日 08時00分

Source: Eisai

エーザイ、社会的責任投資指数「FTSE4Good Index Series」の対象銘柄に18年連続で選定


東京, 2019年07月11日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、社会的責任投資の代表的な指数である「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄に、2002 年以来 18 年連続で選定されましたのでお知らせします。

「FTSE4Good Index Series」は、環境・社会・ガバナンス(ESG)のグローバル・スタンダードを満たす企業への投資を促進するようデザインされた株式指数シリーズです。当社は評価項目のうち、「顧客に対する責任」、「労働基準」、「コーポレートガバナンス」、「汚職防止」および「気候変動対策」などの項目において特に高い評価を受けました。2019 年 7 月現在、世界で 1,034 社、日本企業ではそのうち175 社が「FTSE4Good Developed Index」に選定されています。

当社は、「FTSE4Good Index Series」以外にも年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)によって採用されている日本株の 4 つの ESG 投資指数である「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」、「FTSE Blossom Japan Index」、「MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数」および「S&P/JPX カーボンエフィシエント指数」にも選定されています。

当社は、患者様とそのご家族の喜怒哀楽を第一義に考え、そのベネフィット向上に貢献し、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足することを企業理念と定めています。当社は、この理念の実現のために、ESG への取り組みを強化し、非財務価値を高めることにより、持続的企業価値向上に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201950.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、進行性子宮内膜がんに対する「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」との併用療法の最終解析結果を欧州臨床腫瘍学会年次総会において発表
2019年10月01日 09時00分
 
エーザイと日医工、中国におけるジェネリック医薬品事業に関する提携のお知らせ
2019年09月30日 16時00分
 
エーザイ、入院患者様の転倒・転落予測システム「Coroban(R)」を新発売
2019年09月26日 12時00分
 
エーザイと東京海上日動、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携
2019年09月26日 11時00分
 
欧州臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の開発品・製品に関する演題について
2019年09月24日 11時00分
 
エーザイとMeiji Seikaファルマ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)錠」が日本において製造販売承認を取得
2019年09月20日 16時00分
 
エーザイ、インドにおけるエリブリンのセカンドブランド販売に関するライセンス契約をMylan Indiaと締結
2019年09月20日 11時00分
 
エーザイ、世界睡眠学会にてレンボレキサントに関する最新データを発表
2019年09月19日 16時00分
 
エーザイ、社会的責任投資指数「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」に6回目の選定
2019年09月19日 09時00分
 
エーザイ、「レンビマ(R)」(レンバチニブ)と「キイトルーダ(R)」(ペムブロリズマブ)との併用療法として初めてとなる子宮内膜がんに関する承認を米国FDAより取得
2019年09月18日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>