2019年07月11日 15時30分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、子会社の国内完成車物流事業を移管


東京, 2019年07月11日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、子会社である三菱自動車ロジテクノ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:小林 弘知、以下MLT)の完成車物流事業を、株式会社ゼロ(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:北村 竹朗、以下ゼロ)に、今年8月を目処に移管いたします。

MLTは、国内における当社の新車物流を管理し、全国各地の販売会社や輸出完成車の積出港へ輸送しています。一方、ゼロは日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長兼CEO:西川 廣人、以下日産自動車)の輸送を請け負っています。両社の完成車物流を一本化することにより、輸送能力の柔軟性確保や施設の共用など、経済合理性を図ることが可能であると判断いたしました。三菱自動車と日産自動車は、引き続き両社の協業を通して、WIN-WINの精神に則り、シナジーの拡大を追求していきます。

今後、MLTは補修部品やオプションパーツの販売や輸送事業のほか、整備事業などに注力し、お客様へのサービス向上に努めてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5344.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自動車、ブランド発信拠点『MI-Garden GINZA』を2019年9月、銀座にオープン
2019年07月17日 14時00分
 
三菱自動車、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」で電動車の新たな価値を提案
2019年07月16日 13時00分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2019年07月12日 13時00分
 
三菱自、軽商用車『ミニキャブバン』、軽乗用車『タウンボックス』を一部改良
2019年07月11日 13時00分
 
三菱自、アセアン市場に初めて『アウトランダーPHEV』を投入
2019年07月10日 15時00分
 
三菱自動車、新型『パジェロスポーツ』を世界初披露
2019年07月10日 09時00分
 
三菱自動車、三菱商事とともにインドネシアのモビリティサービス大手ゴジェックに出資
2019年07月08日 11時00分
 
三菱自動車、2年連続「MSCI日本株女性活躍指数 (WIN)」の構成銘柄に選定
2019年07月03日 14時00分
 
ホルヘ ディエスが三菱自動車の欧州デザインチームのトップに就任
2019年07月01日 16時00分
 
三菱自、組織改正・人事異動を発表
2019年06月28日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>