2019年07月18日 11時00分

Source: Toyota

トヨタなど、Ha:mo RIDEの走行データを活用した実証実験を9月9日から開始

利用者の安全運転意識の向上や、事故発生時の安心感提供の実現性を検証

東京, 2019年07月18日 - (JCN Newswire) - 豊田市つながる社会実証推進協議会(以下、本協議会)に参画するトヨタ自動車株式会社(代表取締役社長:豊田 章男)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(代表取締役社長:金杉 恭三)、およびユーピーアール株式会社(代表取締役社長:酒田 義矢)の3社はSDGs未来都市・豊田市(市長:太田 稔彦)とともに、超小型EV「コムス」を使用したシェアリングサービス「Ha:mo RIDE(ハーモ ライド)」の走行データを活用した実証実験を9月9日から10月13日まで豊田市内で実施します。

本実証実験は、豊田市で運営されているHa:mo RIDEの走行データを活用し、利用者の安全運転意識向上や事故発生時の安心感提供の実現性を検証するものです。

具体的には走行データを活用して、本実証実験に同意しご参加頂いたHa:mo RIDE会員の安全運転を5段階で評価し、安全運転をしていただいた会員の方に次回利用料金への充当や、とよたエコポイント*1・PeXポイント*2への交換が可能なHa:moポイントをプレゼントします。安全運転をするほどメリットのある仕組みを構築し、利用者の安全運転意識の向上を目指して実験を行います。

またHa:mo RIDE会員、および一時的にHa:mo RIDEを利用する観光客が運転している際、車両が大きな衝撃(自力走行が困難と思われる程度の衝撃)を検知すると自動的に自動通報受信デスクに通知。登録された利用者の電話番号に運営会社から「Ha:moあんしんコール」を実施し、万が一の際の安心感の提供を目指して実験を行います。

今後も本協議会では地域課題の解決を通じて、誰もが安全・安心で快適に移動できる仕組みづくりへ挑戦していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28866925.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


トヨタ、新型車ライズの受注状況について
2019年12月05日 13時30分
 
パナソニックとトヨタ、街づくり事業に関する合弁会社の所在地・役員体制を決定
2019年12月04日 15時30分
 
トヨタ、役員人事および幹部職の担当変更・組織改正・人事異動について
2019年12月04日 15時30分
 
トヨタ自動車、10月 販売・生産・輸出実績を発表
2019年11月28日 13時30分
 
TOYOTA GAZOO Racing、2020年のWRC参戦ドライバーを決定
2019年11月28日 08時00分
 
トヨタと西鉄、マルチモーダルモビリティサービス「my route」を福岡市・北九州市で本格実施
2019年11月27日 13時30分
 
TOYOTA、新型車グランエースを発売
2019年11月25日 13時30分
 
トヨタ自動車、リハビリテーション支援ロボットを改良し、新たに「ウェルウォークWW-2000」を発表
2019年11月21日 13時30分
 
TOYOTA、ロサンゼルスオートショーでRAV4のプラグインハイブリッド車を世界初披露
2019年11月20日 14時00分
 
トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」誕生
2019年11月19日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>