2019年07月23日 11時30分

Source: Showa Denko

昭和電工、温室効果ガス(GHG)の2030年削減目標の設定とGHG国際基準への準拠を発表


東京, 2019年07月23日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、温室効果ガス(GHG)の削減強化のため、中期の削減目標を設定するとともに、気候変動対策に対するグローバルな情報開示を重視し、2018年度の公表数値から、国際基準である「GHGプロトコル」に準拠することを決定いたしました。

昭和電工グループは、すべてのステークホルダーを満足させるという経営理念の下、事業活動を通じて環境問題など様々な社会的課題の解決に取り組んでいます。今回取り組みの一環として、2030年における当社グループ国内事業所のGHG排出量の削減目標を、2013年比11%減と定めました。また、2018年度より、排出量は国内外のグループ会社も含め、GHGプロトコルに沿って、事業者で発生する直接排出量(Scope1)、外部から購入した電力・蒸気等の使用に伴う間接排出量(Scope2)、サプライチェーンでの排出量(Scope3)を統合報告書・CSRサイト等で公表します。

加えて、地球温暖化防止対策を経営の根幹に据えて推進するため、2020年より社内炭素価格制度を導入し、GHG排出量の削減を投資判断の要素に組み入れます。

昭和電工グループは、今後も環境に配慮した生産設備・技術の導入や積極的な環境対策の推進、資源循環型社会を支える製品の供給などにより、豊かさと持続性が調和する社会への貢献を目指してまいります。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2019/37588.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室 03-5470-3235

Source: Showa Denko
セクター: 化学品

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


昭和電工、代表取締役および役員の異動に関するお知らせ
2019年11月29日 15時00分
 
昭和電工、中国 盛虹煉化社(連雲港)向けに酢酸ビニルモノマーの製造技術ライセンスを供与
2019年11月19日 11時30分
 
昭和電工、2019年12月期第3四半期決算を発表
2019年11月06日 15時00分
 
昭和電工、化粧品原料1,3-BGの事業化を決定
2019年10月31日 11時30分
 
日揮・荏原環境プラント・宇部興産・昭和電工、廃プラスチックのガス化ケミカルリサイクル推進に向けた協業の検討を開始
2019年08月29日 10時00分
 
昭和電工、連結業績予想の修正に関するお知らせ
2019年08月07日 15時00分
 
昭和電工、2019年12月期第2四半期決算を発表
2019年08月07日 15時00分
 
昭和電工、アルミニウム合金とポリカーボネート樹脂の直接接合技術を確立
2019年08月05日 11時30分
 
昭和電工、トヨタ自動車が中国で販売するハイブリッド車向けに発電モーター封止用BMCを供給
2019年08月05日 11時30分
 
昭和電工、第2世代高品質パワー半導体用SiCエピウェハーを開発
2019年08月01日 11時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>