2019年07月31日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、NTTドコモへ5G商用サービス向けの基地局制御装置および無線装置を納入開始


東京, 2019年07月31日 - (JCN Newswire) - 当社は、このたび、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)に、第5世代移動通信方式(注1)(以下、5G)の商用化に向けた基地局制御装置(注2)、および無線装置(注3)の納入を開始しました。

装置の特徴
今回納入を開始した5G基地局制御装置は、単一のハードウェアに異なる無線方式を実装するSDR技術(注4)を用いた当社独自のソフトウェアの機能拡張によって5Gを実現しています。そのため、既存の3G/LTE/LTE-Advanced方式の基地局制御装置を活用し、最小限のハードウェア変更のみで、迅速かつ低コストに5Gのネットワークを展開することが可能です。

また、5G無線装置は、従来では、無線装置の外部に設けていたアンテナ装置を内蔵することでビームフォーミング(注5)を実装し、効率的なネットワーク構築を実現します。本無線装置のラインナップとして、5G周波数である3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯に対応した3種を揃えています。

さらに、本基地局制御装置と無線装置間の通信を担うフロントホール(注6)のインタフェースには、オープンインタフェースであるO-RAN Alliance(注7)で策定された世界標準のO-RANフロントホールインタフェース仕様を採用しています。これにより、本仕様に準拠する他ベンダーの基地局制御装置や無線装置との接続が可能となります。加えて、本基地局制御装置と無線装置で採用している無線のインタフェースは、3GPP Rel-15仕様書(注8)に準拠しており、5Gサービスのスムーズな開始を可能とします。

今後の展望
当社は、O-RANフロントホールインタフェース仕様に準拠した基地局制御装置と無線装置の開発をNTTドコモと共同で進めてきました。NTTドコモとのパートナーシップをさらに強化し、5Gサービスの開始や展開を支援するとともに、フロントホールのオープン化によるエコシステムの活性化やさらなる技術革新をグローバルに推進していきます。

また、当社は今後、ローカル5Gの提案も含めてスマート工場、遠隔医療、自動運転といった様々な産業分野における5Gの適用により、お客様のデジタルトランスフォーメーションと新たなサービスの創出を支えていきます。

NTTドコモ株式会社 取締役常務執行役員 中村 寛氏のコメント
NTTドコモは、RANのオープン化を実現するために、O-RAN Allianceをリードし仕様作成に貢献しております。オープンインタフェースに準拠した基地局装置を活用することにより、5G時代のB2B2Xビジネスなど様々なユースケースに対応する5Gネットワークを柔軟かつ効率的に構築していきます。今回の富士通様の基地局制御装置と無線装置は、この構築にご貢献頂けるものと期待しています。引き続き5Gネットワークの展開・拡大を図り、様々な業界のパートナーの皆様とともに5Gのサービス・市場の創造を加速していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/07/31.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通、浜松市役所様の支出業務にAIを活用し、有効性を検証
2020年02月20日 11時00分
 
富士通、国内初 ローカル5G免許を取得
2020年02月18日 15時00分
 
富士通、事業所内のローソンレジなし実験店舗でマルチ生体認証技術を世界初導入
2020年02月18日 10時00分
 
富士通、ハイブリッドクラウド環境におけるインターネットブレイクアウトを実現する「NXconcierge」を提供開始
2020年02月13日 11時00分
 
富士通、人の興味や行動に着眼し、街頭広告モデル創出や街づくりを支援するAI画像解析ソリューション「GREENAGES Citywide Surveillance V3」を販売開始
2020年02月12日 11時00分
 
メルコインベストメンツと富士通、金融資産の運用に量子現象に着想を得た次世代アーキテクチャー「デジタルアニーラ」を活用
2020年02月07日 11時00分
 
富士通グループ、CDPの「水セキュリティ」の調査で最高評価を獲得
2020年02月07日 11時00分
 
富士通、米FORTUNE誌「世界で最も賞賛される企業」に2年連続で選出
2020年02月05日 11時00分
 
富士通、明治大学様 事務系職員約1,000人がAI翻訳サービスの利用を開始
2020年02月04日 11時00分
 
富士通、名古屋大学情報基盤センター様の次期スーパーコンピュータシステムを受注
2020年02月03日 09時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>