2019年08月02日 14時53分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱造船、下関で阪九フェリー向けカーフェリー シリーズ1番船の命名・進水式を実施

新門司~神戸航路に就航する「せっつ」

東京, 2019年08月02日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:大倉 浩治、本社:横浜市西区)は2日、阪九フェリー株式会社向けに2隻を受注して建造中であるカーフェリー シリーズのうち1番船の命名・進水式を行いました。本船は、同社が運航するカーフェリー4隻のうち「やまと」の代替となるもので、「せっつ」と名付けられました。今後は艤装工事を経て2020年2月に予定する引渡しの後は、新門司~神戸航路に就航する運びです。

三菱重工業 下関造船所 江浦工場(山口県下関市)で行われた式典には、関係者多数が出席。阪九フェリーの入谷 泰生会長による命名に続いて、寄港地ゆかりの女性2人(注)による支綱切断が行われました。

本船は、長さ約195m、幅29.6m、深さ20.6m、喫水6.7m、総トン数約1万6,300トンです。旅客定員663人で、8.5mトラック約277台および乗用車約188台の積載能力があり、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載しています。船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージ。客室最上階である7階には開放感のある広い空間を設け、船内で一番大きな窓からは星空と瀬戸内海が眺望でき心躍るクルージングを楽しむことができます。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより在来船と比べ約6%の省エネルギーを実現。また、2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として排ガス処理装置(スクラバー)を搭載します。

三菱造船は、今後も引き続き輸送能力、居住快適性、および燃費性能・環境性能に優れた貨客船や輸送船を建造していくことにより、海上交通の活性化と環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190802.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工エンジニアリング、米国テキサス州ボーモントで大規模ポリエチレンプラント1系列を完工
2019年09月20日 14時30分
 
三菱重工マリンマシナリがMET過給機の製造を内製化
2019年09月18日 16時09分
 
三菱重工、天然ガス・LNG業界イベント「Gastech 2019」(米ヒューストン)に出展
2019年09月17日 18時18分
 
三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に3年連続で選定
2019年09月17日 14時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、地球環境保全・省エネの表彰で2件を相次ぎ受賞
2019年09月17日 12時00分
 
三菱重工工作機械、独自の差別化技術・製品を中核に欧州市場の販売活動強化へ
2019年09月12日 12時30分
 
三菱重工冷熱、加湿器「roomist」の2019年度モデルを発売
2019年09月09日 16時00分
 
三菱航空機、メサ航空と100機のSpaceJet M100 購入に関する覚書を締結
2019年09月06日 14時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、中国に省エネ投資プロジェクトへの技術コンサルティング会社を設立
2019年09月05日 12時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、フィリピンのPASAR銅製錬所向け廃熱回収ボイラー改修工事を受注
2019年09月05日 12時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>