2019年08月02日 14時53分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱造船、下関で阪九フェリー向けカーフェリー シリーズ1番船の命名・進水式を実施

新門司~神戸航路に就航する「せっつ」

東京, 2019年08月02日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱造船株式会社(社長:大倉 浩治、本社:横浜市西区)は2日、阪九フェリー株式会社向けに2隻を受注して建造中であるカーフェリー シリーズのうち1番船の命名・進水式を行いました。本船は、同社が運航するカーフェリー4隻のうち「やまと」の代替となるもので、「せっつ」と名付けられました。今後は艤装工事を経て2020年2月に予定する引渡しの後は、新門司~神戸航路に就航する運びです。

三菱重工業 下関造船所 江浦工場(山口県下関市)で行われた式典には、関係者多数が出席。阪九フェリーの入谷 泰生会長による命名に続いて、寄港地ゆかりの女性2人(注)による支綱切断が行われました。

本船は、長さ約195m、幅29.6m、深さ20.6m、喫水6.7m、総トン数約1万6,300トンです。旅客定員663人で、8.5mトラック約277台および乗用車約188台の積載能力があり、荷役設備として舷側ランプ扉2基、船尾中央ランプ扉1基を搭載しています。船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージ。客室最上階である7階には開放感のある広い空間を設け、船内で一番大きな窓からは星空と瀬戸内海が眺望でき心躍るクルージングを楽しむことができます。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより在来船と比べ約6%の省エネルギーを実現。また、2020年から全海域が対象となるSOx(硫黄酸化物)の排出規制への対応策として排ガス処理装置(スクラバー)を搭載します。

三菱造船は、今後も引き続き輸送能力、居住快適性、および燃費性能・環境性能に優れた貨客船や輸送船を建造していくことにより、海上交通の活性化と環境保全に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190802.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、SDGsの達成に向け、社内表彰制度で社員の環境貢献意識を向上
2020年02月12日 12時00分
 
三菱重工、ボーイング787型機の複合材主翼1000号機目を出荷
2020年02月10日 16時00分
 
三菱重工工作機械、全ての工作機械にモニタリング機能「DIASCOPE」を標準搭載
2020年02月10日 13時30分
 
伊ターボデン社、カナダ・サスカチュワン州の先住民へ持続可能な発電システムを提供
2020年02月10日 12時00分
 
三菱重工、GPIFが採用した4つのESG投資指数の全構成銘柄に2年連続で選定
2020年02月07日 15時30分
 
三菱重工、2019年度 第3四半期決算概要を発表
2020年02月07日 12時00分
 
三菱重工、業績予想の修正に関するお知らせ
2020年02月07日 10時00分
 
三菱重工、SpaceJet事業における特別損失の計上、及び連結財務諸表における繰延税金資産の計上に関するお知らせ
2020年02月07日 09時00分
 
三菱重工、成長戦略の加速に向けた事業体制の強化
2020年02月06日 17時00分
 
三菱重工、機構改革を発表
2020年02月06日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>