2019年08月20日 12時27分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工環境・化学エンジニアリング、処理能力600トン/日の一般廃棄物焼却施設「広島市中工場」を長寿命化

MHIECが燃焼設備等改修工事を受注

東京, 2019年08月20日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社(MHIEC、社長:神野 定治、本社:横浜市西区)は、広島市から一般廃棄物焼却施設「広島市中工場」(広島市中区南吉島)の燃焼設備等改修工事を受注しました。処理能力600トン/日のストーカ式焼却炉(注1)設備を改修し、長寿命化および省エネルギー化をはかります。受注額は58億4,000万円(税抜)、完成は2023年3月(4ヵ年継続事業)を予定しています。

同施設は、三菱重工業の設計施工により2004年2月に完成したもので、燃焼設備は処理能力200トン/日の24時間連続燃焼式ストーカ炉3基および関連設備で構成されています。1万5,200kWの発電能力を備えており、工場内の各設備で消費する以外の余剰電力は売電しています。

今回受注した燃焼設備等改修工事では、経年的に劣化した焼却施設の受入れ供給設備・燃焼設備・燃焼ガス冷却設備・通風設備・灰出し設備・計装設備などを対象に主要機器の更新等を行います。また、MHIECが特許を持つ安定燃焼に寄与する「新燃焼制御システム」を導入し、各種電動機に高効率モーターやインバータを採用することにより省エネ化をはかり、CO2排出量を年間9.6%程度削減することで地球温暖化抑制にも貢献します。

一般廃棄物焼却施設を長寿命化するとともに温暖化対策も施す改良工事は増加傾向にあります。加えて、国が2010年度に関連する交付金支援制度(注2)を創設したことで、さらに活発化しています。

MHIECは、三菱重工が長年培ってきた環境装置分野の技術開発力と国内外を含めた豊富な廃棄物処理施設の建設・運営ノウハウを2008年に継承。多数の実績に基づく、建設から運営まで含めた総合的ソリューション提案力を強みとしています。

MHIECは、今回の受注とこれまでの実績をベースに、既存廃棄物処理施設の省エネ化や安定稼働の維持・向上、さらに維持管理費などを含めたL.C.C.(ライフサイクルコスト)低減に向けた提案を積極的に推進し、受注拡大をはかっていきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190820.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工マリンマシナリがMET過給機の製造を内製化
2019年09月18日 16時09分
 
三菱重工、天然ガス・LNG業界イベント「Gastech 2019」(米ヒューストン)に出展
2019年09月17日 18時18分
 
三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に3年連続で選定
2019年09月17日 14時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、地球環境保全・省エネの表彰で2件を相次ぎ受賞
2019年09月17日 12時00分
 
三菱重工工作機械、独自の差別化技術・製品を中核に欧州市場の販売活動強化へ
2019年09月12日 12時30分
 
三菱重工冷熱、加湿器「roomist」の2019年度モデルを発売
2019年09月09日 16時00分
 
三菱航空機、メサ航空と100機のSpaceJet M100 購入に関する覚書を締結
2019年09月06日 14時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、中国に省エネ投資プロジェクトへの技術コンサルティング会社を設立
2019年09月05日 12時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、フィリピンのPASAR銅製錬所向け廃熱回収ボイラー改修工事を受注
2019年09月05日 12時00分
 
三菱日立パワーシステムズ、人事異動を発表
2019年09月03日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>