2019年09月06日 01時00分

Source: MDM

Medium Chain 分散型セルフメディアマーケティングプラットフォーム


シンガポール, 2019年09月06日 - (ACN Newswire) - ブロックチェーンの出現は、人間が真の信任を得るインターネットを構築し始めることを示している。ブロックチェーンは、本質的にすべてのトランザクションまたはデジタルイベントを記録する分散式データベースであり、すべての関係者が訪問および記録できる公共帳簿と考えることもできる。ブロックチェーンはネットワークの中で各点の間に信頼を確立できるため、価値を移転している間で仲介者の干渉を取り除き、情報を公開するとともにプライバシーも保護できる。共同の戦略を採用するが個体権利も保護する。また内部メカニズムにより価値移転の効率が高めることだけでなくコストも下げている。アプリケーションの幅広い見通しを持っている。この画期的な技術の中で膨大な機会が含まれており、それによって誘発された革命が始まったばかりである。



Medium Chainは、各点の間で価値移転パブリックチェーンを確立し、ブロックチェーンの基礎となるアーキテクチャとデジタル資源の配布契約を締結することにより、サードパーティの開発者がオープンソースプロトコル上にアプリケーションを構築することを支えて、多くの業界パートナーと協力してブロックチェーン技術とアプリケーションの完全なエコロジーを形成することを目指している。Medium Chainから作成されたさまざまなルールと契約に基づいて、テキスト、写真、音楽、ビデオ、ソフトウェアなどを含む各種類のメディアリソースアプリケーションシナリオを応用し、情報作成者と消費者のため直接的なドッキングプラットフォームを提供する。サードパーティの開発者はエコノミーシステムを構築したが、トークンが発行できる。またMedium Chainを中心として各種類のアプリケーションを開発する。さらにMedium ChainのMDM Tokenもシステムの証明書として使用される。たとえば、Medium Chainでメディアシェアプラットフォームに構築することで、メディア共有者は公開された価値情報の価格を設定し、価値情報を取得した人はプラットフォームで取引し、すぐにメディア共有者に支払われる。製品プロモーターはMedium Chainで広告を投稿したり、広告の価格を設定したりして、広告に興味を持つ人が広告をクリックしたり、広告を転送したりすることで一定の利益を得ることができる。3DアニメプロデューサーはMedium Chainでサイトを構築してアニメ素材を販売することができ、お客が買いたければ直接に支払われる。「情報の転送で利益を得るためプラットフォームまたは他の中心化機関に依存するしかない」という方式とは異なり、一部の過程が削除し、情報プロバイダーと消費者は、Medium Chainプラットフォームを通じて直接に接続でき、オリジナルの最高の利益を確保する。

分散型バリューネットワークの構築と運用をサポートするため、Medium Chainプラットフォームは、基礎となるブロックチェーンサービスとP2P分散式サービスを完璧に融合させ、ブロックチェーンに基づくインターネット価値を持つ高品質な伝送サービスをユーザーに提供する。Medium Chainは、主にMedium ChainプラットフォームとMedium Chainオリジナルチェーンで構成される。Medium Chainプラットフォームは、大量のクラウドストレージスペース、高QoS(Quality of Service サービスの質)データを共有するサービスと便利なサイト配置などを提供し、優れた顧客体験がある。Medium Chainのオリジナルチェーンは、メインノードネットワークを導入し、安定したネットワークおよびIPFSストレージインフラストラクチャーを提供し、投票および予算メカニズムによってMedium Chainの生態が健康的に発展していることを確保する。ユーザーが分散アプリケーションを便利に使用できるようにスマートコントラクトを組み合わせ、完璧にエコロジー全体をサポートする。

Medium Chainのメディア契約には、広告主、セルフメディア所有者、レビュアー、ガバナンス委員会の4つの主要な役割がある。分散化、完全なビジネスプロセス、よいサイクルレビューメカニズムと高度な自律的なガバナンス委員会管理により、セルフメディア所有者と監査人からの不正行為を効果的に避けて、MDMメディア契約の効力が存続られ、広告主とセルフメディアに対して価値を創造し続けている。

中国の中心化セルフメディアマーケティングプラットフォームのデータによると、個人セルフメディアから広告を発行すると平均手数料は約500元で、71ドルに相当する。将来的には、MDMメディア契約プラットフォームでメディアユーザーの数量は500万に達すると予想されており、1日の広告収入は71 * 500 = 3.55億ドルで、1年間の広告収入は1,295.75億ドルである。年間売上高1,000億ドルの真の第一のブロックチェーンアプリケーションになる。MDMのフローが1億個と計算された場合、一個のMDM価値は1,295.75ドルに達する。EZB取引所でのMDMの初期発行価格0.12ドルによると、MDMの価格が10,797倍に上昇し、BTC後になる次の万倍貨幣になる。

さらに、各セルフメディアマスターユーザーは1回の訪問につき500人のファンを集められ、広告主の広告価格はユーザーあたり0.14ドルと低くなる可能性がある。やすいコストのため多くの広告主を引き付けて、MDMメディア契約を使用して広告を投稿することを促進する。これは、広告主とセルフメディアの所有者には最大の価値を実現できる好循環のメカニズムである。

シンガポールファンド協会の支援を受けて、MDMは完全な生態資源と合理的なコンセンサスメカニズムを備えており、MDMメディア契約はブロックチェーン上で最初の大規模アプリケーションになると考えられている。未来は本当に万倍貨幣になるでしょう。

MDMホームページウェブサイト:
http://www.chain-bar.com/share/community.html?id=553830

MEDIUM FOUNDATION PTE.LTD.
[email protected]
https://www.mdm.bar

Source: MDM


Copyright ©2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>