2019年09月18日 16時09分

Source: Mitsubishi Heavy Industries

三菱重工マリンマシナリがMET過給機の製造を内製化

製造工場を長崎市内で移転

東京, 2019年09月18日 - (JCN Newswire) - 三菱重工グループの三菱重工マリンマシナリ株式会社(社長:堀 俊明、本社:長崎市)は、2020年1月1日付で三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)に委託してきたMET過給機の製造を内製化します。

三菱重工グループが進める製造拠点集約の一環として、MET過給機の製造工場を長崎市幸町から飽の浦町に移転することを機に同過給機の製造機能を取り込むものです。

今後は、MET過給機の開発から製造・サービスまでの全プロセスを一貫して担うことにより、機動的な事業運営を通じ、事業拡大に向け市場密着および顧客満足の徹底をはかっていきます。

三菱重工マリンマシナリは2013年10月、舶用ディーゼルエンジン、舶用ボイラ・タービン、過給機、舶用補機ならびに舵取装置、およびその関連装置の開発・設計・販売・アフターサービス業務ならびにライセンス業務と、三菱重工グループで設計製造する舶用機械・関連装置の販売業務を手掛ける三菱重工業の100%出資子会社として発足しました。

これまで、製造機能を三菱重工グループ内に委託し、開発・設計・営業およびサービスに特化してきました。今回、MHPSからMET過給機の製造移管を受けるに際し、工場をMHPSタービン工場内に移して12月中に工事を完了。製造関連の設備と人員を引き継ぎ、社内に製造及び生産管理機能を担当する部門を新設します。

MET過給機は、エンジンの高出力・高効率化要求に対応した三菱重工グループの差別化技術として1960年代から製品展開。エンジンの排出ガスをタービンで回収してコンプレッサを駆動させることでエンジンに燃焼空気を強制的に送り込む仕組みに、独自の工夫を重ねてラインアップを充実させてきたものです。

三菱重工マリンマシナリは今回の工場移転およびMET過給機の内製化を機に、MET過給機のトップシェア獲得を目指して、製品のさらなる高性能化・小型軽量化の実現と、2ストロークに加え4ストロークエンジン向け過給機の拡販強化に取り組むとともに、グローバル市場の深耕にも力を注いでいきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mhi.com/jp/news/story/190918.html

概要:三菱重工業株式会社

詳細は www.mhi.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Heavy Industries
セクター: エネルギー

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱重工、人事異動を発表
2019年10月15日 15時00分
 
三菱重工エンジニアリング、広島高速交通株式会社にアストラムライン向け7000系新型車両を搬入
2019年10月10日 17時00分
 
三菱重工サーマルシステムズ、中国・常熟市にカーエアコンの生産拠点を設立へ、市当局との合意書に調印
2019年10月09日 12時00分
 
三菱重工、統合レポート「MHIレポート2019」を発行
2019年10月02日 15時00分
 
三菱日立製鉄機械がシーメンスの保有するプライメタルズテクノロジーズ株式を取得
2019年10月01日 16時30分
 
三菱造船、舶用SOxスクラバーシステムDIA-SOx(R)の出荷開始
2019年09月25日 12時41分
 
三菱造船、新日本海フェリー向け大型フェリー受注、長崎本工場(立神)で建造
2019年09月24日 12時00分
 
三菱重工エンジニアリング、米国テキサス州ボーモントで大規模ポリエチレンプラント1系列を完工
2019年09月20日 14時30分
 
三菱重工、天然ガス・LNG業界イベント「Gastech 2019」(米ヒューストン)に出展
2019年09月17日 18時18分
 
三菱重工、ESG投資指標「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」における「Asia Pacific Index」の構成銘柄に3年連続で選定
2019年09月17日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>