2019年09月20日 11時00分

鹿児島県長島町とKDDI、川商ハウス、長島未来企画、空き家活用と定住促進を目的とした、高解像度VRを活用した移住定住施策を実施


東京, 2019年09月20日 - (JCN Newswire) - 鹿児島県出水郡長島町 (町長: 川添 健、以下 長島町)、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社川商ハウス (本社: 鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長: 西田 隆昭、以下 川商ハウス) と長島未来企画合同会社 (本社: 鹿児島県長島町、代表社員: 益田啓光、以下 長島未来企画) は、空き家の活用と定住促進を目的とした、高解像度VRを活用した移住定住施策 (以下 本施策) を実施します。

人口流出や働き手不足といった課題を抱えている長島町では、空き家の活用と定住促進を目的として、2018年1月以降、空き家の改修費の補助対象の拡充 (注) や、不動産会社や金融機関と連携による貸し手と借り手の双方に利用しやすい環境整備などを推進してきました。このような取り組みにより空き家や移住に関する問い合わせが増加した一方、町内の島に点在する空き家の案内は、転居・移住希望者に対して家をひとつひとつ案内するため、効率化が課題となっています。

今回の移住定住施策は、町の空き家バンクに登録された物件や、その周辺情報を高解像度VRコンテンツ化し、遠隔から内見することを可能にします。VRコンテンツ化することにより、移動にかかる労力を大幅に軽減することが期待されます。

本施策は、長島町とKDDIが、2018年12月21日に地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結した取り組みの一環です。
今後も長島町とKDDIは相互連携と協働による活動を推進し、ICTをはじめとする双方の資源を有効活用することにより、長島町の地域活性化を図っていきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2019/09/20/4029.html

概要:KDDI

詳細は www.kddi.com をご参照ください。


セクター: Telecom Carriers, セキュリティ, 無線

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>