2019年09月20日 14時00分

Source: Toyota

トヨタ自動車、「第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を開催

公道パレードの他、企画展示「時代を駆け抜けたクルマ」なども実施

豊田, 2019年09月20日 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、自動車文化の醸成と継承を目的に、地域に根ざしたイベントとして「第30回 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル」を10月27日(日)、愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開催します。愛・地球博記念公園をメイン会場に、1989年以前に製造された日米欧の一般参加のクラシックカーによる公道パレードの他、多彩なプログラムを実施します。

今回は30回目を記念した様々な企画を盛り込んでいます。まず、公道パレードでは、多くの方に沿道で応援していただけるようなコースとしています。トヨタ博物館をスタート地点とし、年代順に一般参加車両約150台が長久手市内を愛・地球博記念公園まで走行します。また、パレード後の車両展示では1989年式車の特別展示ゾーンを設けます。

企画展示「時代を駆け抜けたクルマ」では、令和への改元を記念して、明治、大正、昭和、平成の4つの時代に生まれた象徴的なクルマ6台の展示と走行を披露します。併せて、今年で30歳を迎えた小塚崇彦さん(フィギュアスケーター、JOCオリンピックムーブメントアンバサダー)が特別ゲストとして来場します。

今回のフェスティバルを開催するにあたり、トヨタ博物館館長の布垣直昭は、「モビリティ大変革期と言われますが、変わる時代にも変わらないもの、それはクルマが人を運ぶものだからこそ愛のつく製品でなければならないという事だと思います。全国のオーナー様に大切にされてきたクラシックカー150台のパレードが沿道の皆様に笑顔を運んでいただける事を願っております」と述べました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/29534276.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


WRC 第13戦 ラリー・スペイン プレビュー:グラベルとターマック。二種類の路面を走行するミックスサーフェス・ラリーにタイトルをかけて挑む
2019年10月18日 17時00分
 
TOYOTA、C-HRをマイナーチェンジし、“GR SPORT”を設定
2019年10月18日 13時30分
 
TOYOTA、東京モーターショー FUTURE EXPOに2020年冬頃発売予定の「超小型EV」を出展
2019年10月17日 13時30分
 
トヨタ、新型カローラシリーズ 受注状況について
2019年10月17日 13時30分
 
TOYOTA、新型車ヤリスを世界初公開
2019年10月16日 15時00分
 
TOYOTA、新型軽オープンスポーツカー コペン GR SPORTを発売
2019年10月15日 14時00分
 
トヨタ自動車、「新しい時代の愛車」を具現化した「LQ」を公表
2019年10月11日 13時36分
 
TOYOTA、東京モーターショー FUTURE EXPOにて「MIRAI Concept」を初公開
2019年10月11日 09時00分
 
トヨタ・モビリティ基金、「水素社会構築に向けた革新研究助成」の2019年度の募集を開始
2019年10月10日 15時00分
 
トヨタ自動車、Autono-MaaS専用EV「e-Palette(東京2020オリンピック・パラリンピック仕様)」の詳細を公表
2019年10月09日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>