2019年09月26日 12時00分

Source: Eisai

エーザイ、入院患者様の転倒・転落予測システム「Coroban(R)」を新発売


東京, 2019年09月26日 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫、以下 エーザイ)と株式会社FRONTEO(本社:東京都、代表取締役社長:守本正宏、以下 FRONTEO)は、日本において、入院患者様の転倒・転落リスクを事前に予測し、アラートを表示する転倒・転落予測システム「Coroban(R)」を本日、9 月 26 日(木)に医療機関に発売することをお知らせします。

製薬企業であるエーザイは、骨粗鬆治療薬や不眠症治療薬の発売を通じ、医療機関における転倒・転落予防対策が重要であることを認識してきました。一方、FRONTEO の 100%子会社で、ヘルスケア分野に特化したデータ解析企業である FRONTEO ヘルスケアは、独自に開発した自然言語処理技術に基づく人工知能エンジン「Concept Encoder(R)(コンセプトエンコーダー)」を有しています。

エーザイと FRONTEO は、2018 年 1 月より「Coroban」の共同開発を開始しました。エーザイが有する医療機関とのネットワークを活かし、全国の複数の医療機関で試験導入を行い、臨床現場で表出されたニーズに基づき、「Coroban」の改良を進め、この度の新発売となりました。

厚生労働省の調査によると、2017 年における 65 歳以上の入院患者様は約 96 万人で、増加傾向にあるとされており、入院中の転倒・転落ケアの重要性は高まっています。「Coroban」は、医療機関毎の過去の入院患者様の看護記録等を学習し、それを基に毎日の看護記録から個々の入院患者様の転倒・転落リスクをスコア化し、リスクの高い患者様の情報を表示します。「Coroban」を用いて、患者様一人ひとりの転倒・転落リスクに対する個別のケア・看護計画への反映を行うことにより、医療関係者の業務の負担軽減や、リスク評価の均質化・客観化などが期待されます。

エーザイと FRONTEO は、入院患者様の転倒・転落リスクを低減する病棟看護体制の構築をサポートする「Coroban」の新発売を通じ、患者様とそのご家族の well-being の実現に貢献してまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.eisai.co.jp/news/2019/news201973.html

概要:エーザイ株式会社

詳細はwww.eisai.co.jpをご覧ください。

Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エーザイ、EZH2阻害剤タゼメトスタットについて日本以外の地域における売上ロイヤルティ受領の権利をRoyalty Pharmaに譲渡
2019年11月05日 10時00分
 
バイオジェンとエーザイ、アデュカヌマブ 臨床第III相試験で得られた大規模データセットの新たな解析結果に基づき、アルツハイマー病を対象とした新薬承認申請を予定
2019年10月23日 10時00分
 
エーザイ、抗てんかん剤「フィコンパ(R)」部分てんかん併用療法に係る適応で中国当局より新薬承認を取得
2019年10月16日 11時00分
 
エーザイ、進行性子宮内膜がんに対する「レンビマ(R)」と「キイトルーダ(R)」との併用療法の最終解析結果を欧州臨床腫瘍学会年次総会において発表
2019年10月01日 09時00分
 
エーザイと日医工、中国におけるジェネリック医薬品事業に関する提携のお知らせ
2019年09月30日 16時00分
 
エーザイと東京海上日動、認知症との共生と予防の実施にむけて業務提携
2019年09月26日 11時00分
 
欧州臨床腫瘍学会年次総会におけるエーザイのがん領域の開発品・製品に関する演題について
2019年09月24日 11時00分
 
エーザイとMeiji Seikaファルマ、パーキンソン病治療剤「エクフィナ(R)錠」が日本において製造販売承認を取得
2019年09月20日 16時00分
 
エーザイ、インドにおけるエリブリンのセカンドブランド販売に関するライセンス契約をMylan Indiaと締結
2019年09月20日 11時00分
 
エーザイ、世界睡眠学会にてレンボレキサントに関する最新データを発表
2019年09月19日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>