2019年10月08日 11時00分

Source: Honda

本田技術研究所の技術者が国際電気標準会議(IEC)による「IEC1906賞」を受賞


東京, 2019年10月08日 - (JCN Newswire) - Hondaの研究開発子会社である株式会社本田技術研究所の技術者が本日、国際電気標準会議(IEC)※標準化活動功労者として「IEC1906賞」を受賞しました。再生可能エネルギーやEVに蓄えた電気等と系統電力をやり取りして充電・給電を可能にする系統連系電力変換器の国際標準化をプロジェクトリーダーとして推進し、国際標準規格IEC 62909-2の発行に貢献しました。IEC/TC 22(パワーエレクトロニクス)/SC 22E(安定化電源装置)の技術分野において、「Honda Power Manager(パワーマネージャー)」の開発経験が活かされ、今回の受賞にいたりました。

IEC1906賞は、IECの技術活動に関連し電気・電子技術の標準化及びその関連活動への多大な貢献・業績を称えるため、IECが専門家(個人)に対し表彰するものです。

今回受賞したテーマ、受賞者および受賞理由は次の通りです。
なお、表彰式は、本日午前11時より都市センターホテル(東京都千代田区)にて行われます。

IEC1906賞

受賞テーマ
「Bi-directional grid-connected power-converters
(双方向の系統連系電力変換器)」

受賞者
山田 想(やまだ そう) 株式会社本田技術研究所

受賞理由
国際標準規格IEC 62909-2のプロジェクトリーダーとして、各国のエキスパートからの意見を取り入れながら議論を牽引し、IEC 62909-2第1版の発行を達成した(2019年3月に発行)。その専門性に加え、自由な議論とコンセンサスに基づく意思決定手法により、IEC 62909-2第1版の発行後はIEC 62909シリーズの開発やメンテナンスを行うために新たに設立されたWG 8のコンビナー(議長)にも任命されている。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.honda.co.jp/news/2019/c191008.html

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda
セクター: 自動車全般, ビジネス, 自動車

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Honda、新型「FIT」を「第46回東京モーターショー2019」で世界初公開
2019年10月23日 09時30分
 
Honda独自の高効率電動化技術を「Honda e:TECHNOLOGY」として展開
2019年10月23日 09時30分
 
Honda、大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を発売
2019年10月23日 09時30分
 
Honda、コネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム」を開始
2019年10月23日 09時30分
 
Honda、第46回 東京モーターショー2019 代表取締役社長 八郷隆弘 スピーチ内容
2019年10月23日 09時30分
 
Honda、「第26回ITS世界会議シンガポール2019」出展概要を発表
2019年10月18日 14時00分
 
Honda、「FREED/FREED+」をマイナーモデルチェンジし発売
2019年10月18日 11時40分
 
Honda、オーディオ機器用蓄電機「LiB-AID E500 for Music」の受注を開始
2019年10月17日 11時00分
 
Honda、新型「FIT」をホームページで先行公開
2019年10月16日 11時00分
 
Honda、2019年世界選手権ロードレース、モトクロス、トライアルの最高峰クラスで、ライダー・チャンピオンを獲得
2019年10月07日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>