2019年10月09日 15時00分

Source: Mitsubishi Electric

三菱電機、AIでカメラ映像から特定の動作を自動検出する「骨紋」を開発

作業分析の効率化により、生産性向上に貢献

東京, 2019年10月09日 - (JCN Newswire) - 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart(R)(マイサート)※1」を用いて、カメラ映像から人の骨格情報を抽出・分析し、特定の動作を自動検出する作業分析ソリューション「骨紋(R)(こつもん)」を開発しました。生産現場の作業者の動きをカメラで撮影するだけで作業内容を認識・特定し、作業時間や作業ミス・無駄を自動検出することで作業分析を効率化でき、生産現場の生産性向上に貢献します。

開発の特長

1. 映像から作業時間や作業ミスを自動検出し、作業分析工数を10分の1に削減
- カメラ映像から抽出した2次元の骨格情報をAIで分析し、作業内容を90%の精度※2で特定
- 特定結果から作業時間や作業ミスを自動検出し、監督者による作業分析工数を10分の1※2に削減
- 作業者にセンサーを付ける必要が無いため、作業者に負荷をかけない作業分析を実現

2. 作業者の動きの課題を見える化し、異なる監督者でも標準的な作業改善が可能
-「動作経済の原則※3」に基づき骨格の動きを分析することにより、目視では見逃しがちな無理・無駄などの体の動きの課題を自動検出して見える化
- 監督者ごとの経験によって異なる課題抽出レベルを標準化し、属人性を排除した作業改善が可能

今後の展開

今後、当社の生産現場への試験導入を通じて実用化開発を進め、製造工程監視装置や作業分析ソフトウエアとして、2020年度以降、順次市場投入する予定です。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1009.html

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

Source: Mitsubishi Electric
セクター: エレクトロニクス

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱電機とグロービス、「三菱電機アクセラレーションプログラム 2019」最優秀スタートアップ企業 4 社を決定
2020年01月17日 12時00分
 
三菱電機、労務問題の再発防止に向けた取り組みについて
2020年01月10日 14時00分
 
三菱電機、「置けるスマート大容量」MX・MBシリーズ新商品発売のお知らせ
2020年01月09日 12時00分
 
三菱電機、パワー半導体モジュール「SLIMDIP-W」発売のお知らせ
2019年12月24日 16時00分
 
三菱電機、「CES 2020」出展のお知らせ
2019年12月17日 14時00分
 
三菱電機、川崎重工・不二越・安川電機などと「未来ロボティクスエンジニア育成協議会」の設立に向け覚書締結へ
2019年12月16日 15時00分
 
三菱電機、「Ku帯 衛星通信地球局用GaN HEMT」ラインアップ拡大のお知らせ
2019年12月12日 16時00分
 
三菱電機、情報システム・サービス事業 子会社再編のお知らせ
2019年12月06日 10時00分
 
三菱電機、ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの検証を開始
2019年12月02日 14時00分
 
三菱電機とNECが製造業における5G活用に向けた共同検証を開始
2019年11月19日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>