2019年10月10日 11時00分

Source: Fujitsu Ltd

JCBと富士通、デジタルアイデンティティー領域における共同研究を開始

個人データを安全・安心に活用できる社会に向けたモデルづくり

東京, 2019年10月10日 - (JCN Newswire) - 株式会社ジェーシービー(注1)(以下、JCB)と富士通株式会社(注2)(以下、富士通)は、安全・安心で利便性が高いデジタル社会の実現に向け、自己主権型/分散型アイデンティティー(注3)領域において、共同研究を開始します。

JCBがこれまで培ってきた決済・認証に関する知見と、富士通のブロックチェーン技術をはじめとするテクノロジーを活用し、オンライン取引などを行っている複数の事業者が持つユーザーID情報を、安全に流通・連携できる自己主権型/分散型アイデンティティープラットフォームの共同開発の検討とプラットフォームを活用した新サービスやビジネスモデルの検討を開始します。

両社は、ユーザー自身がID情報の流通をコントロールできるプラットフォームを提供し、業種や業界を超えた本人確認や、連絡先変更などの属性変更手続きを一括して行える安全・安心かつ利便性の高いサービスの実現を目指していきます。

富士通は、事業者が持つID情報をユーザー自身が安全・安心に連携可能にする仕組みに関して、2019年10月15日(火曜日)から10月18日(金曜日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC 2019」にて出展します(富士通ブース)。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/10.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


Fujitsu, SMU and A*STAR Launch Digital Platform Experimentation Project using Quantum-Inspired Computing and Deep Learning Technology
2019年10月22日 05時00分
 
富士通・シンガポール科学技術庁・Singapore Management University、「デジタルアニーラ」とディープラーニング技術を活用したプロジェクトを開始
2019年10月21日 18時30分
 
富士通、U.S.M.Hグループのスーパーマーケット実店舗にスマートPOSアプリを導入
2019年10月21日 12時00分
 
三菱電機、自動運転実証実験車「xAUTO」搭載の新技術開発のお知らせ
2019年10月21日 12時00分
 
富士通研究所、暗号化した機密情報の類推を防止する技術を開発
2019年10月16日 11時30分
 
富士通研究所、こまやかな表情変化を高精度に検出するAI表情認識技術を開発
2019年10月15日 11時00分
 
富士通、体操競技の採点支援システムが、CEATEC 2019で「総務大臣賞」を受賞
2019年10月15日 11時00分
 
富士通、自治体初 練馬区と住民税業務へのAI適用を共同で実証
2019年10月09日 11時10分
 
富士通、自動車ビッグデータの活用を加速するストリームデータ処理基盤「Stream Data Utilizer」を提供開始
2019年10月08日 11時00分
 
富士通、再生可能エネルギー100%・脱炭素化を目指す企業・団体グループがデータ流通・利活用基盤「Virtuora DX」を活用
2019年10月08日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>