2019年10月11日 16時00分

Source: Hitachi

日立オートモティブシステムズ、一般道での自動運転実用化に向け、安全な走行を実現するための高精度な追従走行を可能にする技術を開発


東京, 2019年10月11日 - (JCN Newswire) - 日立オートモティブシステムズ株式会社(プレジデント&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)は、一般道での自動運転車両の実用化に向け、大きな舵角で旋回をするような場面や、他車両や歩行者の急な飛び出し、また、路上の落下物を回避するための急旋回が必要な場面においても、ステレオカメラやレーダーがセンシングした情報によりAD/ADAS*1 ECU*2が指示する軌道を正確に追従走行するための車両制御技術を開発しました。

一般道において自動運転車両が走行する場合、高速道路と違い、狭く入り組んだ路地やショッピングセンターなどの駐車場のような内輪差が大きく小回りをする走行に加えて、自車以外の車両のほか歩行者など様々な移動対象、さらに進行方向上の落下物などを回避する走行が必要になります。しかし、このような走行において大きな舵角旋回や急な舵角操作が求められる操作シーンでは、センシングした前方の情報に基づいて車両制御しても、実際の走行結果が目標となる軌道からずれてしまい安全な走行ができないことが課題でした。

本技術では、前方のセンシング情報をそのまますぐに使うのではなく、ECU内に一旦蓄積してから使うことで過去から現在までの点を線(軌道)として認識し、目標となる軌道を高精度に追従できるようにしました。加えて、これまで、目標軌道に合わせてアクチュエーターを動かそうとすると、一般的にアクチュエーターや車両が応答するまでの遅れによって、軌道追従の精度が下がったり車両制御の安定性が損なわれたりする問題がありました。本技術では、ECU内で車両運動の予測シミュレーションを行い、アクチュエーターや車両の応答を予測しているため、応答遅れに対して補正を行い、軌道追従の精度をさらに高めています。

日立グループは、自動運転の開発に貢献する技術開発だけでなく、今後も自動運転車両やコネクティッドカーの実用化に貢献する機器やソリューションの開発、提供に積極的に取り組んでいきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/10/1011a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立がシンガポール・住宅開発庁(HDB)住宅向けにエレベーター300台を受注
2020年05月19日 11時00分
 
日立がイタリアの鉄道運営会社GTT社と新型トラム70編成を供給する包括契約を締結
2020年05月19日 10時00分
 
日立、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている事業者にNPO団体Kivaを通じて100万米ドルの融資を実施
2020年05月18日 10時00分
 
NTT・日立・リコー・東京電力、「電動車活用推進コンソーシアム」を設立
2020年05月11日 14時00分
 
日立、欧州初の日立陽子線がん治療システムがスペインのナバラ大学病院で稼働開始
2020年05月07日 14時00分
 
日立と日立ビルシステム、建物内の非接触での移動・生活を実現するビル・マンション向けタッチレスソリューションの展開について
2020年04月30日 10時00分
 
通天閣と日立、新型コロナウイルス感染症治療に尽力する医療従事者へ感謝の意を表し、通天閣をブルーにライトアップ
2020年04月24日 14時00分
 
日立、新型コロナウイルス感染拡大対策として、中小企業のテレワーク環境の容易な立ち上げを支援する「かんたんPrivate DaaS支援パック」を最大半年間、無償提供
2020年04月22日 11時00分
 
日立オートモティブシステムズ、ドイツの自動車部品向けソフトウェア開発会社seneos GmbHを買収
2020年04月16日 15時00分
 
日立、エネルギーセクターにおける事業強化に向けグループ会社を再編
2020年04月14日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>