2019年10月11日 16時00分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自、LGBTに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」で最高ランク「ゴールド」を2年連続で獲得


東京, 2019年10月11日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄)は、職場におけるLGBTなど性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」において、2018年度に続き、最高ランクのゴールド評価を2年連続で獲得しました。

「PRIDE指標」は、企業などの団体においてダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体「work with Pride」が、職場におけるLGBTに関する取組みにおいて日本初の評価指標として2016年に策定したものです。

当社は、国内の主要拠点で外部講師によるLGBT理解促進セミナーの実施や、オリジナルの「ALLY※1ステッカー」を配布し、社内におけるALLYの見える化を推進しています。また、東京レインボープライド2019※2に出展し、ダイバーシティやLGBTへの取り組みを来場者に紹介するなどの活動を行いました。

さらに、2019年9月1日付で社員就業規則を一部変更し、同性婚の関係も結婚の定義に含め、結婚休暇やライフプラン休業を取得できるようになりました。こうした取り組みが評価され、「PRIDE指標」において最高ランクのゴールドを獲得いたしました。

当社は、今後もダイバーシティ推進を通して、社員一人ひとりが活躍し輝き続けられる環境づくりに取り組んでまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5374.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自動車、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』の特別仕様車「BLACK Edition」を発売
2020年06月04日 13時30分
 
三菱自動車、福岡県と災害時協力協定を締結
2020年06月03日 17時00分
 
三菱自動車、2020年4月単月生産・販売・輸出実績を発表
2020年05月28日 15時00分
 
三菱自動車、軽ハイトワゴン『eKクロス』『eKワゴン』が令和元年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高ランクとなる評価を獲得
2020年05月27日 14時00分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2020年05月27日 14時00分
 
三菱自動車、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」に参画
2020年05月25日 11時00分
 
三菱自動車、取締役人事を発表
2020年05月19日 17時40分
 
三菱自動車、2019年度通期決算を発表
2020年05月19日 17時20分
 
三菱自動車、人事異動を発表
2020年04月30日 14時00分
 
三菱自、2020年3月単月および2019年度生産・販売・輸出実績を発表
2020年04月28日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>