2019年10月21日 11時00分

Source: Hitachi

日立産機システム、バイオハザード対策用クラスIIキャビネット「新型SCVシリーズ」販売開始

WHOガイドラインに適した室内気流で作業者と試料の防護を両立

東京, 2019年10月21日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立産機システム(取締役社長:荒谷 豊/以下、日立産機)は、WHOガイドラインのゾーニング*1に適したバイオハザード対策用クラスIIキャビネット「新型SCVシリーズ」を2019年11月から販売開始します。

バイオハザード対策用クラスIIキャビネットは安全キャビネットと呼ばれ、1979年に日立製作所が国内で初めて開発しました。病原体等を取り扱う際に発生する汚染エアロゾル*2の暴露による作業者への感染を防止するため、気流の力を使って隔離性能を保証するもので主に感染症や微生物の研究、遺伝子組み換え実験などを中心に広く普及しており、扱っている試料*3で汚染されたエアロゾルが外部に漏洩しないことが最も重要です。

「新型SCVシリーズ」は、作業者の安全性確保のため、前面シャッター側の気流による隔離性能を維持するとともに、作業室内は後方に流れる気流を最適化し、エアロゾルが後方に流れるエリアを20%増やすことにより、試料や廃棄缶の適切な配置が可能となりWHOガイドラインのゾーニングに適した作業室内気流を実現しました。これにより、廃棄缶周辺の汚染エアロゾルの影響を防ぎ作業者防護と併せてコンタミネーション*4の抑制を両立しました。

また、前面のシャッター開口高さを200mmと250mmに選択可能であり、作業者の体格や作業内容に対する柔軟性を考慮するとともに、誤って作業者が指定外のシャッター開口高さに設定した際にも、警報音を鳴らすことで作業者の安全性を高めました。作業台内の照明はLED照明を採用し、交換周期を大きく延ばすことで、作業性を高めながら省エネ性能の向上を図っています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/10/1021a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、イタリア国立粒子線がん治療センターから陽子線がん治療システムを受注
2019年12月09日 14時00分
 
日立が鉄道運営会社ファースト・トレニタリア社と英国・西海岸本線向け都市間高速鉄道車両135両(23編成)の供給と保守に関する契約を締結
2019年12月06日 16時00分
 
日立、高度セキュリティ人財の育成とサイバーセキュリティ研究のための「日立サイバーセキュリティセンター」を開設
2019年12月05日 12時00分
 
日立と損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始
2019年12月04日 12時00分
 
NEDOと日立など、ポーランドで電力系統の安定化システムの実証運転を開始
2019年12月03日 13時00分
 
日立、再生医療の普及に向け、細胞の3次元培養法の自動化技術を開発
2019年11月26日 13時00分
 
日立パワーソリューションズが工場や発電所で発生する異常騒音の早期発見を可能にする「リアルタイム騒音監視システム」を提供開始
2019年11月25日 11時00分
 
日立産機システム、新型空気圧縮機「Gシリーズ」を販売開始
2019年11月21日 09時00分
 
米国メイヨー・クリニックと日立が北米初の重粒子線治療システムの納入に関する基本合意書を締結
2019年11月20日 12時00分
 
「第57回技能五輪全国大会」にて日立グループの選手が金メダル4個を獲得
2019年11月19日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>