2019年10月31日 14時00分

Source: Xiaopainfang

日本の「小片方」:京都の百年歴史を持つブランドは「音波発汗足湯」で生きかえる!


京都, 2019年10月31日 - (ACN Newswire) - 2万社以上の百年企業を存在する日本で百年企業になるために、執ようさと粘り強さだけでなく、時代に応じた決断力や先見性が求められるのは重要である。10月19日に青島で開催した中国医療博覧会では、「小片方」という百年企業が主役になった。近年、1916年に設立された「漢方」ブランドは、「音波技術」を持つ世界初の音波足湯「発汗足湯」を開発したことで注目されて、千年の歴史を伝承する日本足湯文化を世界に広めた。そんなブラックテックがある日系企業が、広告ですら掲載しなくなるほどの伝統的な手作り企業であったのは想像できない。



京都の「漢方」百年企業
広告を掲載したから初代社長が解任された

約100年前の1916年に、56歳の薬剤師坂井拓が関西・京都地区に漢方やパッチを主力としたブランド―「小片方」を創業した。日本の漢方は中国の名医に代々伝えられている漢方薬に源を発して、絶えず伝承されて、次第に日本の医学の重要な部分になっている。

坂井拓は16歳から京都に遊学し、漢方医学「古方派」に入り古方を学び、浅田宗伯を師事にした。「小片方」を創立した時、すでに京都地区に広く知られている漢方の大家になった。

「小片方」を設立したばかり、認知度を高めた最初の製品は湿気クリームであった。よく知られているように、日本の京都では、長い梅雨のために湿気が強く、多くの人がリウマチを患うが、坂井拓の小片方は古方成分を添加しているため、薬の浸透力はさらに強く、早めに効果が得られて、その類の産品よりはるかに良くて、急に現地で口コミを広がり人気に呼んでいる。今でも京都で小片方パッチが家庭の常備薬となっている。その後、小片方は漢方に頼り、消炎鎮痛パッチ、漢方足湯などの商品を次々と開発し、絶賛を受けている。

1950年、小片方の二代目の伝承者や「漢方医薬」に熱心な学者と薬剤師が、「漢方派」を専攻とする日本東洋医学会を設立し、漢方を本格的に日本の主流医学界に持ち込んだ。その後、企業が次第に発展しているにつれて、小片方は三菱などの日本百年企業と同じように、規模の拡張と近代化の改造を行うのではなく、職人の意匠を守り、古法の手作業を堅持し、近代化の生産設備と工業化の改造を拒絶する。

2003年、個人事業で「小片方」は企業発展のニーズに適応したため、初代社長を赴任したが、わずか1カ月後退任された。理由は就任後、初代社長は、取締役会の同意なしに日本の関西地方で最も有名な新聞に新しい商品リスト広告を掲載したことである。これは取締役会に大きな不満を引き起こしたと言われている。この行為は「古い法律と手仕事、誠実さと正しい考え」という企業理念を違反し、会社で「製品と関係なく広告だけによって成功できる」という間違う模範を示すので、取締役会は初代社長を解任することを決定した。この事件は日本で激しい議論を引き起こした。

時代の発展に従って、小片方の企業管理者は次第に執ような堅持が企業に負担をもたらすことを発見し、21世紀に入ってから、古法手作を固守し、近代化の企業管理方法を欠くため、小片方は市場と生産能力の不足及び各種類の市場占有率が低下している苦境に陥った。2002年、第4世代の管理者坂井由竜は「小片方」の知的所有権を資産として、某財閥投資戦略で現代化する企業になるように本部は東京に引っ越し、近代の科学工芸を導入するため日本最先端の医薬研究室と生産工場を設立した。「小片方」はようやく生き返った。

音波技術を導入する
日本足湯ブランド第一位―「小片方」

小片方の発展に従って、企業の管理層は医薬処方を除く、足湯用薬を代表とする生活消費品市場が急速に成長していることを次第に発見した。日本の濃厚な足湯文化と小片方の優れた評判によって、50年近く歴史を持つ小片方足湯は数年に急速に成長し、日本足湯産業の大手になった。

小片方足湯が急に発展しているにつれ、いろいろな足湯製品が続々と登場しているとともに小片方が開拓した市場は分割された。この競争の中で、「小片方」新任研究専門家、日本の漢方医学専門家の国見明はチームをリードして、小片方旧足湯の基礎の上で、グレードアップ版の足湯制品を開発した。

研究中では、伝統的な日本足湯用薬は乾燥した薬用材料を使用しており、水に溶解できる有効成分が少ないことを発見した。薬草の成分は豊かで効果的であるようだが、実際には溶解できなく体に吸収されない問題となる。数千回の実験を通じて、彼らは音波技術を採用すればこの難題を打破できることを発見した。「音波で壁を破る技術を用いて天然成分の細胞壁を破壊し、細胞内部の活性成分を更に釈放しやすく、一瞬間に薬効をN倍に高める」という原理である。

最後に、国見明のチームは3年間をかかって日本で最新の足湯―小片方発汗足湯を開発した。発汗と音波技術を使用して成分の放出と全身の血液循環を促進し、漢方薬の成分を体のさまざまな部分に輸送し、筋肉に浸透させ、SPAにさせるようとしているが、伝統的な足湯成分の釈放問題を解決した。また、音波技術を採用したことで、この足湯を使用する際には,跳び砂糖のようなバチバチ音をたて、まるで音楽足湯にしているように聞こえ、非常に奇妙な体験である。さらに浸透性が強いため、完全に水に溶け、有利に吸収しながら二次洗浄は不要である。足湯用薬の材料について、国見明のチームは、人参、ブラッドオレンジ、よもぎ、桜など4つの主要な材料を慎重に選択し、主に漢方薬で構成されている伝統的な足湯用薬と違って、「気を補う」、「血行を盛んにする」「デトックス」と「養顔」などの効果を持っている。

現在、「小方片」は日本で非常に人気があり、毎年に1120万箱を販売している。これも多くの日本人にとって家庭必需品となり、さらに日本足湯の第一位となる。今は世界の20カ国以上で販売されている。

「『小方片』の発展は多くの日本企業の縮図です。元インターネット時代で、手作りによって百年ブランドを作ることができますが、急速に発展している時代には絶えず革新して限界を突破してこそ、時代と一緒進歩する制品を生産でき、市場の承認を得ることができます。」とAi Media Consulting Industryは述べた。

kunimi akira
[email protected]


セクター: 健康・医薬品

Copyright ©2019 ACN Newswire. All rights reserved. A division of Asia Corporate News Network.


新着プレスリリース


もっと見る >>