2019年11月05日 16時00分

Source: Fujitsu Ltd

富士通、東証の株式売買システム「arrowhead」をバージョンアップ

安全・安心なマーケットを目指して

東京, 2019年11月05日 - (JCN Newswire) - 株式会社東京証券取引所(以下、東証)は、富士通株式会社(以下、富士通)の最新の技術を活用し、株式売買システム「arrowhead(アローヘッド)」を4年ぶりに全面刷新して、機能強化と性能改善を図り、11月5日から運用を開始しました。

「arrowhead」は、高性能・高信頼を実現した世界トップレベルの株式売買システムで、様々な最先端技術を結集して、2010年から約10年間、安定的に稼働している大規模ミッションクリティカルシステムです。

この度バージョンアップした「arrowhead」は、売買制度の見直しによる株価急変動の抑止や、終値での約定成立機会の向上、システム性能の安定化など、市場利用者の皆様がより安心して取引できる市場を実現しました。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/11/5.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

Source: Fujitsu Ltd
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


富士通とCray、スーパーコンピュータにおけるパートナーシップ契約を締結
2019年11月13日 09時30分
 
富士通、スーパーコンピュータ「PRIMEHPC」シリーズ2機種をグローバルに販売開始
2019年11月13日 09時30分
 
富士通、キャリア採用の拡大について
2019年11月11日 10時00分
 
富士通研究所、新しいAIによるがんゲノム医療の効率化を東大医科研との共同研究で実現
2019年11月06日 12時00分
 
KDDI・KDDI総合研究所・富士通、国内初 魚沼市での災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験に成功
2019年11月06日 10時00分
 
富士通、ストレージシステム「ETERNUS」シリーズ9機種を販売開始
2019年11月05日 11時00分
 
パナソニック ソリューションテクノロジー・富士通・三菱電機、AI検索機能の共同開発で特許調査業務の効率化を実現
2019年11月01日 13時00分
 
富士通と富士通デザイン、体操競技の採点支援システムと、音をからだで感じるユーザインタフェース「Ontenna」が2019年度グッドデザイン金賞を受賞
2019年10月31日 17時00分
 
富士通、日本初、医薬品の申請電子データを自動作成する「tsClinical for SDTM Automation」を提供開始
2019年10月30日 16時00分
 
富士通、2019年度第2四半期 連結決算概要を発表
2019年10月29日 15時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>