2019年11月08日 15時10分

Source: Mitsubishi Motors

三菱自動車、『三菱A型』2019日本自動車殿堂 歴史遺産車に選定


東京, 2019年11月08日 - (JCN Newswire) - 三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)のクルマづくりの起源である『三菱A型』が、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車として、日本自動車殿堂*(特定非営利活動法人:藤本 隆宏会長)の「歴史遺産車」に選定されました。

『三菱A型』は、1917年夏に試作が開始され1918年11月に完成、1921年までに計22台が生産されました。まとまった数量を見込みで生産・販売された『三菱A型』は日本初の量産乗用車といえ、日本自動車工業史上意義深いクルマとして評価されています。

当時は自動車製造の専用工具、工作機が未整備の状態でしたが、ハンマーや鏨(たがね)を使用した手作りにより、第一号車が完成。ボディは木製で黒うるし塗りが施され、室内には高級な英国製の毛織物が使用されました。図面もなければ、ガソリン機関や車体・室内の知識も生産経験もない技術者達が幾多の困難を打破して、国産でも可能なことを実証しました。

当時の三菱造船株式会社(現・三菱重工業株式会社)神戸造船所にて設計されました。なお、三菱自動車工業株式会社は三菱重工業株式会社より1970年に分離独立しました。

現在「三菱オートギャラリー」(愛知県岡崎市)には当時の資料を参考にして1972年に復元された『三菱A型レプリカ』が展示されています。

<三菱オートギャラリーサイトはこちら>
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/company/facilities/autogallery

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/newsrelease/2019/detail5381.html

概要:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車の企業コミュニケーションワード「[email protected]
地球を走る。地球と生きる。三菱自動車。

人とクルマ、社会とクルマ、地球とクルマの新しい時代を拓くために。いま、三菱自動車は挑戦を始めています。走行中のCO2排出ゼロ。地球温暖化防止に貢献する新世代電気自動車、i MiEV(アイミーブ)の世界投入。軽自動車で培った技術を存分に活用、燃費性能にすぐれたグローバル・スモールの提案。世界の環境基準をクリアしながら、走りの楽しさにあふれた三菱ならではの小型SUVの開発。さらに、新ディーゼルエンジンによるラリー参戦を通じて、走りと環境を両立する、新次元のクルマづくりを追求してゆきます。

私たちは信じています。私たちのクルマへの熱い想いと技術が、新しいクルマの価値をつくることを。ドライブ・アット・アース。走る歓びが永遠であるように。クルマが地球と共生できるように。

詳細はこちらからご覧ください。 www.mitsubishi-motors.co.jp

Source: Mitsubishi Motors
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


三菱自動車、東京都内で初めて港区と災害時協力協定を締結
2020年01月21日 17時00分
 
三菱自、人事異動を発表
2020年01月21日 11時10分
 
三菱自、人事異動を発表
2020年01月14日 14時00分
 
三菱自、フィリピンで次世代店舗「電動 DRIVE STATION」展開に関する覚書を締結
2020年01月14日 09時00分
 
三菱自動車、新型軽スーパーハイトワゴンの車名を『eKクロス スペース』『eKスペース』に決定
2020年01月10日 09時00分
 
三菱自、人事異動を発表
2019年12月26日 14時00分
 
三菱自、クロスオーバーSUV『エクリプス クロス』を一部改良、ドア周りの利便性を向上
2019年12月25日 15時00分
 
三菱自動車、東京オートサロン2020に軽ハイトワゴン『eKクロス』のカスタムカーなどを出品
2019年12月24日 13時30分
 
ゲヒルン、三菱自動車、スカパーJSATが災害対策車を共同製作
2019年12月23日 14時00分
 
三菱自、軽ハイトワゴン『eKクロス』がオートカラーアウォード2019で特別賞を受賞
2019年12月20日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>