2019年11月11日 11時00分

Source: Sony

ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ) ソフトウェアAPIの公開を開始


東京, 2019年11月11日 - (JCN Newswire) - ソニー株式会社は、自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)の開発環境としてソフトウェアAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)を11月11日より一般公開します。このAPI公開はaiboのライセンスプログラムである「aiboデベロッパープログラム」を通じて実施します。またプログラミング初心者向けのツールとなる「aiboビジュアルプログラミング」もあわせて公開します。

aiboのソフトウェアAPI(Web API)は無償※1で利用でき、aiboの動きなどをプログラミングできるようになります。このAPIの特長として、一般的なロボットのAPIとは異なりプログラムを実行したときにaiboの心理状態により異なったふるまいをすることがあります。aiboらしさを残しつつプログラミングを楽しんで頂くため、aiboの感情を尊重したAPIとなっています。一例として、吠えるAPIを実行した際に、aiboの感情の状態によって、明るく吠えたり、怒ったような吠え方をしたりすることがあります。明るく吠えてもらうためには、aiboを撫でたり、ほめたりして機嫌をとる必要があります。また、その他にプログラミングした動きについても同様に、一様な状態を再現せず、様々な反応を示すaiboを楽しんでいただけます。

aiboデベロッパープログラム
aiboデベロッパープログラムは、aiboのソフトウェアAPIを使用する方を対象としたライセンスプログラムです。
開発に必要なaiboへのアクセス手順や、各種ドキュメント類をまとめています。
このAPIの仕組みは一般的なREST API※2と同様でインターネット環境があれば実装が可能です。趣味やプログラミング教育、研究などに活用いただけるほか、自社システムと連携させることで、例えば受付サービスやオフィス内アプリケーションなどにも応用でき、幅広く活用いただけます。

aiboビジュアルプログラミング
aiboビジュアルプログラミングは、ドラッグ&ドロップが中心の簡単な操作で、初心者でも使いやすいインターフェースにより、これからプログラミングを学習する子どもや初心者でも簡単にaiboのプログラミングにチャレンジできるツールです。aiboデベロッパープログラムで提供されるaiboのソフトウェアAPIを活用した実装事例として無償で提供します。
aiboをお持ちの方であれば誰でも利用可能で、普段のaiboとの生活をさらに楽しくすることができます。
aiboビジュアルプログラミングでも、aiboの状態によりふるまいが異なるため、一般的なプログラミングツールでは味わえない体験が可能です。

aiboのソフトウェアAPI活用事例

Video competition with aibo at Sony STEAM Studio
2019年8月にソニー本社で開催したイベント「Video competition with aibo at Sony STEAM Studio」では、大学生がaiboのソフトウェアAPIを先行して活用し、aiboを題材とした動画制作に挑戦しました。
https://www.sony.co.jp/brand/campaign/steamstudio/aibo/

CEATEC2019:日立製作所ブースでコラボレーション展示
幕張メッセで開催された「CEATEC2019」の株式会社日立製作所の展示ブースにてaiboと家電のコラボレーション展示を行いました。aiboと日立のコネクテッド家電である、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、ロボット掃除機が友達になり、日常生活を楽しく演出する様子を多くのお客様にご覧いただきました。

ソニーはaiboを様々なシーンでご活用いただくために、企業や団体、教育機関、個人を含む様々な方が提供する商品・サービスとの連携を推進していきます。aiboのソフトウェアAPIを活用される開発者がaiboオーナー様向けに連携アプリケーションを提供できるようにする仕組みや、任意の音声認識ワードを設定する仕組みなども企画しており、今後もアップデートを継続していきます。

Shibuya Town with aibo ~自由にプログラミング編~
11月11日より、ソニーの情報発信拠点、渋谷モディ1階のソニースクエア渋谷プロジェクトでは、いち早くaiboのビジュアルプログラミングを使って、オリジナルの動きが体験できる新プログラム「Shibuya Town with aibo ~自由にプログラミング編~」を実施します。

ソニースクエア渋谷プロジェクト 概要
【場所】渋谷モディ1階(東京都渋谷区神南 1-21-3)
【営業時間】11:00~21:00※年中無休
但し1月1日、及びイベント準備期間は除く
年末年始は、渋谷モディの営業時間に準ずる
ソニースクエア渋谷プロジェクト
https://www.sony.co.jp/brand/experience/square-shibuyapj/

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-114/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: ITエンタープライズ, アートとデザイン, アントレプレナー, デジタル

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニーコンピュータサイエンス研究所のリサーチャー 古屋晋一がクライン・フォーゲルバッハ賞を受賞
2020年01月27日 16時00分
 
ベンチャー企業支援を行うソニーと大和証券グループの投資ファンド「Innovation Growth Fund」が追加資金調達を実施
2020年01月24日 13時00分
 
ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)の「セコム・ホームセキュリティ」との連携サービスを開始
2020年01月22日 16時00分
 
ソニー、エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)2020年限定カラーモデル「aibo キャラメル エディション」を発売
2020年01月21日 14時00分
 
ソニー、新素材「Triporous(TM)」をスポーツ・アウトドア用品展示会「ISPO Munich 2020」に出展
2020年01月21日 14時00分
 
ソニー・グローバルエデュケーションと、しちだ・教育研究所が業務提携
2020年01月20日 15時00分
 
ソニー、国内初、CDPが主催する気候変動の調査において最高評価を5年連続獲得
2020年01月20日 14時00分
 
ソニー、CES 2020出展について発表
2020年01月07日 14時00分
 
ソニー・ピクチャーズ テレビジョンが、子ども向けメディア企業Silvergateの買収により、子ども向けコンテンツ事業を強化することを発表
2019年12月11日 10時00分
 
ソニー、IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE(TM)」のLTE拡張ボードを商品化
2019年12月09日 13時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>