2019年11月13日 11時00分

Source: Sony

ソニー、莫大なデータを長期間安全に保管するオプティカルディスク・アーカイブ第3世代発売

1カートリッジ5.5 TB※1の大容量と平均3 Gbps(375 MB/s)※2の高速データ転送を実現

東京, 2019年11月13日 - (JCN Newswire) - ソニーは、5.5 TB※1と大容量のオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC5500R(追記型)』と、平均3Gbps(375 MB/s)※2の高速データ転送を実現する光学ドライブユニット『ODS-D380U』や『ODS-D380F』で構成される、オプティカルディスク・アーカイブ第3世代を発売します。第3世代は、2016年発売の第2世代と比べて、1カートリッジあたりの容量は約1.7倍、転送速度は約1.5倍となり、より多くのデータを効率的に保管することができます。

本商品は、11月13日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に展示されます。

オプティカルディスク・アーカイブは、パナソニック株式会社と共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」を記録メディアとして採用し、長寿命かつ耐久性に優れた大容量データストレージシステムです。4K・8Kの普及に伴い大容量化するコンテンツを扱う映像制作分野では、すでに多数の放送局やプロダクションで採用されています。

近年、ITやIoT技術の進展で大量のデータが生成されるとともに、AIの進歩に伴いデータの取得・蓄積・活用の重要性が増しています。また、公的機関で策定されたガイドラインや法規制などを受けて、研究データや公文書を長期間安全に保管する必要性が高まっています。ソニーはオプティカルディスク・アーカイブを、教育機関、医療機関やバイオ・ライフサイエンス分野などを含む研究機関、公共団体や企業の重要なデータ資産管理におけるソリューションとして提案します。

オプティカルディスク・アーカイブはオープンプラットフォーム化を推進しており、2019年11月現在、賛同企業は130社を超え、お客様の運用に応じた様々なアプリケーション※3が提供されています。ソニーは、加速度的に増加するデジタルデータの管理課題解決に向けて、光ディスク技術およびアーカイブソリューションを今後も進化させてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-116/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。

Source: Sony
セクター: ITエンタープライズ, アートとデザイン, アントレプレナー, デジタル

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


ソニー、5G対応フラッグシップレンジスマートフォン 『Xperia 5 II』を商品化
2020年09月17日 15時00分
 
ソニーの非接触ICカード技術 FeliCa(フェリカ)の次世代ICチップを開発
2020年09月08日 10時00分
 
ソニー、IoT・ウェアラブル機器向け高精度GNSS受信LSIを商品化
2020年08月19日 13時00分
 
ソニー、ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM4』を発売
2020年08月07日 10時00分
 
ソニー、世界初 次世代メモリーカード規格のCFexpress Type A対応カードを発売
2020年07月29日 12時00分
 
ソニー、令和2年7月豪雨における被災地・被災者への緊急支援について
2020年07月16日 12時00分
 
ソニー、大学と共同でイノベーションと研究開発を促進する「Sony Research Award Program」を北米に加えて欧州でも展開
2020年07月15日 14時00分
 
ソニー、「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援コロナ基金」の支援状況について
2020年07月13日 14時00分
 
ソニーが、米国のゲーム開発会社Epic Gamesに出資
2020年07月10日 09時00分
 
ソニー、ズーム全域開放F値2.8の明るさで世界最広角12mmを実現した大口径超広角ズームレンズを発売
2020年07月08日 16時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>