2019年11月15日 14時00分

Source: NEC Corporation

大阪大とNEC、パブリッククラウドを利用したクラウドバースティングを実装

増大するスパコン需要にこたえる新技術

東京, 2019年11月15日 - (JCN Newswire) - 国立大学法人 大阪大学のサイバーメディアセンター(以下、CMC)伊達進准教授らの研究グループは、日本電気株式会社(NEC)と日本マイクロソフト株式会社と共に、大規模計算機システム(スーパーコンピュータ)環境で利用者の計算需要が急激に増加した場合に、パブリッククラウドにオフロード※2するクラウドバースティングを実装しました。

大阪大学のスーパーコンピュータOCTOPUS(以下、OCTOPUS)は、研究者の需要増大により、計算要求から計算完了までの待ち時間が定常的に長時間になるという問題が深刻になりつつありました。これに対し、IaaS型クラウドサービスを利用した解決法が望まれていましたが、これまでスーパーコンピュータと民間のクラウドサービスの同時利用は、利用者の管理、計算の管理等に相違があったため運用的な視点で困難でした。

今回、スケジューラと呼ばれるジョブ管理機能、クラウドサービス制御機能の新たな開発を大阪大学とNECで行うことで、大幅なシステム変更・開発を必要とせず、OCTOPUSとクラウドサービスAzureのクラウドバースティング環境が実現できました。CMCのスーパーコンピュータから、日本マイクロソフト株式会社が提供するパブリッククラウドMicrosoft Azureに、近年急速に期待と関心を高めているクラウドバースティング技術を応用することで、OCTOPUSの負荷をAzure上に構築した計算機資源にオフロードします。2019年内にOCTOPUSの利用者である研究者を対象に実証実験を行い、今回構築したOCTOPUS-Azureクラウドバースティング環境での検証を通じて、将来の本格運用に向けた技術課題の抽出を行いつつ、医療データなどの取り扱いを想定したオンプレミス環境※3とパブリッククラウド環境間でのセキュアなデータ共有※4についても検証します。

本研究成果により、OCTOPUSのクラウドバースティング拡張が可能になると、利用者の待ち時間の縮減、ジョブスループット※5の向上が期待されます。

本研究成果は、2019年12月12日(木)から開催される大学ICT推進協議会 2019年度年次大会にて発表されます。(発表は2019年12月13日(金)です。)

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191115_01.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、全国50以上の地方公共団体とチャットボットを共創
2019年12月13日 11時00分
 
NEC、複数台・複数タイプの自律移動ロボットを集中的に制御可能なソフトウェアを販売開始
2019年12月13日 10時00分
 
NICT・高知工科大・NECなど、秘密分散と秘匿通信技術を用いた電子カルテ保管・交換システムを開発
2019年12月12日 14時00分
 
NEC、羽田空港国際線旅客ターミナルの保安検査場に「待ち時間予測システム」を構築
2019年12月12日 10時00分
 
NEC、セブン-イレブンの実験店舗に設備の稼働管理や棚定点観測サービスを提供
2019年12月11日 15時00分
 
NEC、「AI品質ガイドライン」を策定し、AIシステムの構築・開発に適用
2019年12月10日 11時30分
 
NECネッツエスアイとNEC、武蔵野市エネルギー地産地消プロジェクトの推進に貢献
2019年12月06日 10時00分
 
KMD、デンマーク企業の有する犠牲者情報管理・照合ソフトウェア事業を買収
2019年12月05日 10時00分
 
群馬大学とNEC、群馬県 前橋市-渋川市区間で適応ネットワーク制御技術を用いた自動運転バスの公道実証を実施
2019年12月03日 11時00分
 
NEC、中小規模システム向けファイルサーバ新製品を発売
2019年12月03日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>