2019年11月15日 15時00分

Source: Hitachi

日立、働き方改革を支援するスマートフォンアプリの活用で働く人の「仕事に対する自信」と「働きがい」を示す尺度である「心の資本」が高まる効果を確認

延べ4,300人の「心の資本」が3週間で33%向上したことを実証

東京, 2019年11月15日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、人それぞれに合わせた働き方改革を支援するスマートフォンアプリ「ハピネスプラネット」を活用することで、組織の幸福感が向上するとともに、働く人の仕事に対する自信や働きがいを示す指標である「心の資本」を高める効果を確認しました。延べ4,300人が参加した公開実証実験では、実験前後の「心の資本」が3週間で約33%*1向上しています。この「心の資本」の向上を営業利益の増減に換算すると、10%の営業利益向上に相当します*2。今後、日立はハピネスプラネットに賛同する国内外の企業や組織との連携を拡大するなど、従業員がハピネスを感じながら自信や働きがいをもって働き、経済的にも活性化した人間中心の豊かな社会の実現をめざし、社会イノベーション事業を推進していきます。

幸福感を向上させることは社会にとって普遍的なテーマである一方、幸福感の定量化は困難とされていました。加えて、現代社会では少子高齢化による人手不足で、生産性向上は企業にとって解決すべき重要な課題の一つとなっています。日立はこれらの課題を解決するため、人の無意識な身体運動のパターンの中に幸福感と強く相関する普遍的な特徴があることを見いだし、ウエアラブルセンサーやスマートフォンに搭載されている加速度センサーを用いて幸福感の計測・定量化を実現し、「組織活性度(以下、ハピネス度)」という指標を開発しました。さらに、幸福感と生産性の関係に着目した研究を重ね、両者に強い相関があることを実証してきました。

そして今回、ハピネスプラネットを活用して、多様な業種からなる83社、延べ4,300人が参加した4回の「働き方フェス」と題した公開実証実験を行い、働く人の自信や働きがいを示す尺度である「心の資本」の変化を調査しました。

「心の資本」は、米国ネブラスカ大学の経営学者フレッド・ルーサンス名誉教授を中心に開発され、「心の資本」が高まると、心身の健康に加えて業績や生産性も高くなることが学術的に実証されています。

実験の結果、参加者それぞれのハピネス度を向上させるために効果的な働き方が明らかになったとともに、「心の資本」が約33%向上したことを確認しました。これは、参加者がハピネスプラネットを活用することで、高い幸福感を持ちながら自信や働きがいを持って働くことができたことを示しています。また、「心の資本」向上を営業利益の増減に換算すると10%の向上に相当することがわかりました。

今後、日立は、「ハピネスプラネット」に賛同する国内外の企業や組織との連携を拡大し、人々が自信と働きがいを持って働き、経済的にも活性化した社会の実現をめざします。

働き方フェスの概要
2018年からの参加募集開始以降これまでに4回実施し、83社、延べ4,300人が参加しました。働き方フェスは1回につき約3週間の期間で実施し、5人以上が一組となったチームで参加します。参加者はハピネスプラネットを活用してチーム毎のハピネス度を計測して競い合うとともに、自分の強みや状況に合わせた「働き方チャレンジ」を日々宣言して他の参加者にも共有します。このことにより、新たな働き方を検討・実行する機会を提供します。

「心の資本」の計測
ルーサンス名誉教授は、持続的な幸せを得られる能力を表す尺度を「心の資本」と定義し、(1)自ら進む道を見つける力(Hope)、(2)自信をもって行動する力(Efficacy)、(3)困難にも立ち向かう力(Resilience)、(4)物事の明るい面を見る力(Optimism)の4つの因子から構成されることを明らかにしました。ルーサンス名誉教授の研究により、「心の資本」が高い人は、業績も幸福度も高く、離職しにくく、健康であることが実証されています。

働き方フェスでは、実施前後に参加者がアンケートに回答することで「心の資本」を計測したところ、働き方フェスの実施後では構成する4つの要素がすべて向上し、合計でも約33%*1向上しました。このことから、ハピネスプラネットを活用することで、自信や働きがいが向上することがわかりました。

これまでに働き方フェスに参加した代表企業(一部、五十音順)
コクヨ株式会社、住信SBIネット銀行株式会社、株式会社第一生命経済研究所、株式会社電通、東京ガス株式会社、東京ガスiネット株式会社、名古屋鉄道株式会社、株式会社日建設計、株式会社日建設計総合研究所、日本たばこ産業株式会社、日本ユニシス株式会社、日立キャピタル株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日立物流、株式会社ブリヂストン、株式会社丸井グループ、明治安田生命保険相互会社、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社、ライオン株式会社、株式会社LIFULL、株式会社リコー など

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/11/1115.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2019 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、高度セキュリティ人財の育成とサイバーセキュリティ研究のための「日立サイバーセキュリティセンター」を開設
2019年12月05日 12時00分
 
日立と損保ジャパン日本興亜、全国初、さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始
2019年12月04日 12時00分
 
NEDOと日立など、ポーランドで電力系統の安定化システムの実証運転を開始
2019年12月03日 13時00分
 
日立、再生医療の普及に向け、細胞の3次元培養法の自動化技術を開発
2019年11月26日 13時00分
 
日立パワーソリューションズが工場や発電所で発生する異常騒音の早期発見を可能にする「リアルタイム騒音監視システム」を提供開始
2019年11月25日 11時00分
 
日立産機システム、新型空気圧縮機「Gシリーズ」を販売開始
2019年11月21日 09時00分
 
米国メイヨー・クリニックと日立が北米初の重粒子線治療システムの納入に関する基本合意書を締結
2019年11月20日 12時00分
 
「第57回技能五輪全国大会」にて日立グループの選手が金メダル4個を獲得
2019年11月19日 14時00分
 
日立SEM社がミャンマー連邦共和国 電力・エネルギー省より配電用変圧器約5,600台を受注
2019年11月18日 11時00分
 
日立、イオンモールと、ショッピングモール内店舗の取扱い商品情報を自動収集し、店舗横断で商品を一括検索できるシステムの実証実験を開始
2019年11月11日 14時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>