2019年11月28日 10時00分

Source: NEC Corporation

NEC、水資源機構とともに、アユの遡上数を自動計測するシステムの実証を実施

計測品質の均一化や計測業務の効率化を確認

東京, 2019年11月28日 - (JCN Newswire) - NECは、独立行政法人水資源機構(以下、水資源機構)とともに、長良川河口堰(注1)においてアユの遡上数を自動で計測するシステムの実証を本年4月から8月にかけて実施し、計測品質の均一化や計測業務の効率化の効果を確認しました。NECは、今回の実証を踏まえ、本システムの来年度の実用化を目指します。

水資源機構では、長良川河口堰の運用開始以降、河川環境保全を図りながら、より適切な運用を行うため、環境変化の調査として、毎年、河口堰の魚道(注2)を遡上するアユの稚魚の調査を、遡上が確認され始める4月から6月末までの間、ほぼ毎日実施しています。これまでの調査は、魚道にカメラを設置し、日の出から日没までの約12時間録画した映像を目視で計測していましたが、より効率的な計測方法を目指し、AIを用いた自動計測システムの検討・実証を行いました。

今回開発したシステムは、魚道に設置したカメラ映像をクラウド上に保管し、あらかじめAIで学習させた稚魚の泳ぎ方からアユかアユ以外かの魚種判定を行いつつ、自動でアユの遡上数を計測するものです。今回の実証では、天候や日照条件に左右される屋外の映像においても約94%の精度となる計56万匹のアユをほぼリアルタイムで計測し、目視での計測と比較して、計測品質の均一化や計測業務効率化の効果を確認しました。

NECは、魚道での計測調査を同様に実施している他の施設への応用・展開を視野に、本システムの来年度の実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191128_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、2020年3月期 第3四半期決算短信[IFRS](連結)を発表
2020年01月29日 16時00分
 
NEC、役員の異動を発表
2020年01月29日 16時00分
 
NEC、三井不動産グループの新ホテルブランド「sequence」に顔認証技術を活用したスマートホスピタリティサービスを提供
2020年01月28日 13時00分
 
NEC、基地局のアンテナを分散設置する技術を開発し5Gミリ波周波数帯の通信品質を向上
2020年01月24日 11時00分
 
NECと日立、RPA運用最適化など運用管理ソフト分野における協業を拡大
2020年01月23日 10時00分
 
ふくおかフィナンシャルグループとNEC、金融業界初、「マイナポータルAPI」との連携に向けた実証実験を開始
2020年01月22日 15時00分
 
横浜市立大学と日本電気株式会社が協定を締結 データサイエンス分野で企業連携を推進
2020年01月22日 10時00分
 
NECソリューションイノベータ、「NEC HR Tech クラウド」の最新版を提供開始
2020年01月21日 12時00分
 
NEC、イベント会場などで高信頼5G伝送ネットワークを迅速に構築可能な5Gモバイルコアシステムを開発
2020年01月20日 13時00分
 
オリックス・レンテックとNECロボットシステムインテグレータ事業で協業
2020年01月20日 11時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>