2019年11月28日 10時00分

Source: NEC Corporation

NEC、水資源機構とともに、アユの遡上数を自動計測するシステムの実証を実施

計測品質の均一化や計測業務の効率化を確認

東京, 2019年11月28日 - (JCN Newswire) - NECは、独立行政法人水資源機構(以下、水資源機構)とともに、長良川河口堰(注1)においてアユの遡上数を自動で計測するシステムの実証を本年4月から8月にかけて実施し、計測品質の均一化や計測業務の効率化の効果を確認しました。NECは、今回の実証を踏まえ、本システムの来年度の実用化を目指します。

水資源機構では、長良川河口堰の運用開始以降、河川環境保全を図りながら、より適切な運用を行うため、環境変化の調査として、毎年、河口堰の魚道(注2)を遡上するアユの稚魚の調査を、遡上が確認され始める4月から6月末までの間、ほぼ毎日実施しています。これまでの調査は、魚道にカメラを設置し、日の出から日没までの約12時間録画した映像を目視で計測していましたが、より効率的な計測方法を目指し、AIを用いた自動計測システムの検討・実証を行いました。

今回開発したシステムは、魚道に設置したカメラ映像をクラウド上に保管し、あらかじめAIで学習させた稚魚の泳ぎ方からアユかアユ以外かの魚種判定を行いつつ、自動でアユの遡上数を計測するものです。今回の実証では、天候や日照条件に左右される屋外の映像においても約94%の精度となる計56万匹のアユをほぼリアルタイムで計測し、目視での計測と比較して、計測品質の均一化や計測業務効率化の効果を確認しました。

NECは、魚道での計測調査を同様に実施している他の施設への応用・展開を視野に、本システムの来年度の実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://jpn.nec.com/press/201911/20191128_02.html

概要:日本電気株式会社(NEC)

詳細は www.nec.co.jp をご覧ください。

Source: NEC Corporation
セクター: ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


NEC、「次期地球シミュレータ」をベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」で受注
2020年09月25日 13時00分
 
NEC、横須賀市で全国初となるQRコードを用いた電子請求ソリューション「Haratte」の実証実験を開始
2020年09月18日 12時00分
 
NECとテックファーム、dotData展開におけるリセラー契約を締結
2020年09月15日 10時00分
 
NEC: 共創型R&Dにより新事業創出を加速するBIRD INITIATIVE社を異業種6社で設立
2020年09月10日 10時00分
 
NEC、安全なDX推進に向けて、ビジネスリスクを評価し対策を提示する「リスクハンティングサービス」を提供開始
2020年09月09日 13時00分
 
NEC、滋賀県長浜市の独居高齢者支援実証実験にコミュニケーション・ロボットを活用したサービス「みまもり パペロ」を提供
2020年09月09日 13時00分
 
NEC、LiDARを活用した異常検知分析エンジンを開発、本年10月より東北電力ネットワークの変電所でフィールド検証の実施
2020年09月07日 11時00分
 
JALとNEC、デジタル技術を活用した新たな旅行体験の実現に向けて協業開始
2020年09月04日 11時00分
 
NECソリューションイノベータ、AIとプロジェクションマッピングを活用し匠の技術で検査を支援
2020年09月03日 11時00分
 
NEC、光ファイバセンシング技術やAI技術を応用し、コンクリート電柱のひび割れ検知の実証を電中研と実施
2020年09月01日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>