2019年12月05日 13時30分

Source: Toyota

トヨタ、新型車ライズの受注状況について


豊田, 2019年12月05日 - (JCN Newswire) - 新型車ライズの受注台数は、11月5日の発売から1カ月にあたる12月4日時点で約32,000台となり、月販目標(4,100台)の約8倍と、好調な立ち上がりとなっています。

1. 受注台数
受注台数/参考月販目標台数
約32,000台/4,100台

2. 主な好評点
- 全長4m以下の5ナンバーサイズ*1でありながら、SUVらしい力強いスタイル
- クラス*2トップレベルの広々とした荷室、室内空間と多彩なユーティリティ収納スペース
- 「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む最新の「スマートアシスト」による安全技術

3. 受注実績の主な特徴
- グレード別では、Zグレードが7割、Gグレードが2割
- 装着率の高いメーカーオプションは「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラート」が4割(Z、Gグレード内比率)、ナビレディパッケージ*3が4割(総数内比率)
- ボディカラーは、シャイニングホワイトパールが3割、ブラックマイカメタリックが2割、ブライトシルバーメタリックが1割

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/30936034.html

概要:トヨタ自動車株式会社

詳細は http://toyota.jp/ をご覧ください。

Source: Toyota
セクター: 自動車全般

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


TOYOTA GAZOO Racing、オンラインイベント「Online TGR Stage-ル・マン3連覇記念スペシャル-」10月2日(金)開催決定
2020年09月24日 17時00分
 
トヨタ自動車、トミ・マキネン氏のアドバイザー就任を発表
2020年09月23日 07時00分
 
TRI-ADオフィス、「第33回日経ニューオフィス賞」にて「クリエイティブ・オフィス賞」を受賞
2020年09月17日 15時00分
 
デンヨーとトヨタ、水素で発電する燃料電池電源車を共同開発し実証運転を開始
2020年09月17日 13時30分
 
トヨタ自動車、新たなマーケティング及びモビリティビジネスを創造する新会社を発足
2020年09月16日 13時30分
 
TOYOTA、ルーミーをマイナーチェンジ
2020年09月15日 13時30分
 
TRI-AD、運用総額8億ドルのグローバル投資ファンド「ウーブン・キャピタル」を設立
2020年09月10日 15時00分
 
トヨタ、既販売車のToyota Safety Senseについて機能アップグレードを開始
2020年09月10日 13時30分
 
トヨタ、「トヨタ中古車オンラインストア」を開始
2020年09月08日 13時30分
 
TOYOTA、新型車GRヤリスを発売
2020年09月04日 13時30分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>