2019年12月06日 18時00分

Source: Kaohsiung City Government

衛武営が米TIME誌の2019年版「世界で最も素晴らしいスポット」に選ばれ、各国からのネットセレブが高雄を訪れる


台湾・高雄市, 2019年12月06日 - (JCN Newswire) - 高雄のソフトパワーが世界の舞台に登場!米TIME誌の最新号によると高雄にある人気の『衛武営国家芸術文化センター』は『2019年世界で最も素晴らしスポット』の中で、「訪れたいスポット」に選ばれたとのことだ。台湾のスポットがTIME誌に選ばれたのは今回が初めてで、衛武営が台湾の誇りとも言える。



衛武営は群衆芸術に力を入れ、台湾文化のソフトパワーを通じて台湾のために世界の舞台で声を上げる、台湾と国際文化を繋ぐ重要な玄関口となった、それによって見事に外国人観光客や世界中の演者から注目を集めている。文化産業を発展するために、高雄市の愛河と高雄港海域の交差帯に位置する建設中の「海洋文化とポップミュージックセンター」が来年に完成の予定。高雄市の港町スタイルをモデルにし、地域の特性や産業需給、未来のトレンドを結びつく「海洋文化とポップミュージックセンター」は高雄市をアジア太平洋のポップミュージックと国際海洋文化交流の玄関口とさせ、台湾南部の文化芸術や経済発展を促進し、高雄市の新たな魅力的な場所となるだろう。

高雄市は観光促進のため、5つの国や地域からのネットセレブを高雄に招待した。中でも韓国の従兄弟同士のJunghwanさんとDaniさんは「衛武営国家芸術文化センター」が強く印象に残り、海音センターが完成するのを楽しみにし、来年オープンしたらまた高雄を訪れたいと言った。

タイのKaykai Salaiderさんは外国人にもよく知られている六合観光夜市の伝統的な小吃を食べ、旗山老街のグルメや麻辣鍋、文創文房具にも絶賛、そのお蔭で高雄市はたちまちネットで注目を浴びるようになった。マレーシアからのCodyさんはロマンチックな虹の教会を見学し、愛河で夜景を見、そして夢時代や観覧車、光栄埠頭のほかに打狗英国領事館の文化園区できれいな夕日を見たとか。

香港からのMiraさんは高雄旅行を楽しむついでに美容クリニックできれいになる医療観光をテーマにした。E-DAグループ(義大集団)のメディカルビューティークリニックが事前に健康診断や美容クリニックスケジュールを手配できるほか、病院と目と鼻の先に大きなアウトレットモールやテーマパークもあるため、医療を受けたあとすぐ観光やショッピングもできて嬉しい。日本からのReikoさんは母親と二人で「高雄のスローライブ」の体験に明徳新村にある台湾ならではの眷村文化園区を見学し、蓮池潭、タロコ草衙道なども回ってみた。

びっくりするほど充実した旅を終え、ネットセレブの皆さんはいつかまたここに来て今回と違う高雄旅行を体験したいと約束した。

Youtube: https://youtu.be/o-nISVNR4dM AD BY KCG

Media Contact
Kaohsiung City Government
Anny Wu
[email protected]
https://kcginfo.kcg.gov.tw/en/




Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


エコモビリティ世界大会閉幕 陳菊高雄市長、持続可能な生態系の実現に本腰
2017年10月13日 11時20分
 
陳菊高雄市長、エコモビリティアライアンスの主席続投 低炭素都市発展に意欲
2017年10月06日 09時20分
 
台湾・高雄市のマスコット、八王子まつりで熱いパフォーマンスを披露 友好都市の市制施行100周年を祝福!
2017年08月14日 10時00分
 
冬は南国ムードたっぷりの高雄で遊びましょう!
2016年11月24日 15時30分
 
高雄で来年、エコモビリティフェス開催 公共交通の利用を促進
2016年11月03日 11時40分
 
世界港湾都市フォーラム閉幕、出席者ら共同宣言に署名/台湾・高雄
2016年09月13日 16時00分
 
世界港湾都市フォーラム、港と港を繋げる架け橋となる
2016年09月12日 16時10分
 
南台湾列車が大阪を走る!高雄と屏東が共同で観光プロモーション 日本人観光客を誘致
2016年05月11日 10時40分
 
2年に1度の国際ボートショー、台湾・高雄で華やかに開催!
2016年03月03日 12時30分
 
高雄の農業、フーデックスで注目集める 参議院議員も高く評価
2015年03月16日 17時50分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>