2019年12月09日 14時00分

Source: Hitachi

日立、イタリア国立粒子線がん治療センターから陽子線がん治療システムを受注


東京, 2019年12月09日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、イタリア共和国(以下、イタリア)のイタリア国立粒子線がん治療センター(Centro Nazionale di Adroterapia Oncologica/以下、CNAO)から、陽子線がん治療システム一式と保守事業を受注しました。本受注は、日立にとって、イタリアでは初、欧州では2例目です。

今回受注した陽子線がん治療システムは、がんの形状に合わせて陽子線を照射できるスポットスキャニング照射技術を搭載しており、高精度な陽子線の照射が可能です。

CNAOは、イタリア北部のミラノに近いパヴィアにある同国初の粒子線治療センターで、粒子線によるがん治療を行うことを目的とした世界的権威のある医療機関です。イタリア国内での粒子線治療の普及を推進しているイタリア政府が100%出資する非営利組織CNAO財団によって設立、運営されています。2011年から陽子線、2012年からは重粒子線の治療を行っており、今後さらなる治療と研究を進めるために新たな陽子線施設を建設します。

日立の粒子線がん治療システムは、世界的に著名な病院に納入されており、これまでに60,000名以上の患者が日立のシステムで治療を受けるなど、高い信頼性と実績を有しています。また、治療室が1室で都市部の限られた敷地内での設置を可能とするコンパクトシステムをはじめ、一つの加速器で陽子線と重粒子線の治療が可能なハイブリッドシステムなどお客さまのニーズにあわせたシステムを提供しています。

日立は今後、先進的な粒子線がん治療システムのグローバル展開をさらに加速させることで、人々のQoL向上や社会価値の向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1206a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立など、日立市においてMaaS実証を開始
2020年01月29日 09時00分
 
日立、Explainable AI(XAI)を活用し、業務システムへのAIの適用や継続的な運用・改善を支援する「AI導入・運用支援サービス」を提供開始
2020年01月27日 11時00分
 
日立、人事異動を発表
2020年01月23日 14時00分
 
日立と羽後交通が路線バス運賃キャッシュレス決済の実証実験を開始
2020年01月22日 14時00分
 
日立と日立電梯(中国)、世界トップクラスの高さを有するエレベーター試験塔「H1 TOWER」が中国・広州の研究開発・製造拠点内に完成
2020年01月16日 16時00分
 
日立が環境関連技術のマーケットプレイス「WIPO GREEN」にパートナーとして参画
2020年01月16日 16時00分
 
日立インダストリアルプロダクツ、鉄道車両および部品溶接のEU安全性規格「EN 15085認証」を取得
2020年01月16日 11時00分
 
日本企業として初、日立の大みか事業所が世界経済フォーラム(WEF)より世界の先進工場「Lighthouse」に選出
2020年01月14日 11時00分
 
損保ジャパン日本興亜・SOMPOリスク・日立、半導体ベースの新型コンピュータを活用した損害保険ポートフォリオ最適化に関する実証実験を開始
2020年01月08日 10時00分
 
日立、2020年 社長年頭の挨拶(抜粋)
2020年01月06日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>