2019年12月09日 14時00分

Source: Hitachi

日立、イタリア国立粒子線がん治療センターから陽子線がん治療システムを受注


東京, 2019年12月09日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、イタリア共和国(以下、イタリア)のイタリア国立粒子線がん治療センター(Centro Nazionale di Adroterapia Oncologica/以下、CNAO)から、陽子線がん治療システム一式と保守事業を受注しました。本受注は、日立にとって、イタリアでは初、欧州では2例目です。

今回受注した陽子線がん治療システムは、がんの形状に合わせて陽子線を照射できるスポットスキャニング照射技術を搭載しており、高精度な陽子線の照射が可能です。

CNAOは、イタリア北部のミラノに近いパヴィアにある同国初の粒子線治療センターで、粒子線によるがん治療を行うことを目的とした世界的権威のある医療機関です。イタリア国内での粒子線治療の普及を推進しているイタリア政府が100%出資する非営利組織CNAO財団によって設立、運営されています。2011年から陽子線、2012年からは重粒子線の治療を行っており、今後さらなる治療と研究を進めるために新たな陽子線施設を建設します。

日立の粒子線がん治療システムは、世界的に著名な病院に納入されており、これまでに60,000名以上の患者が日立のシステムで治療を受けるなど、高い信頼性と実績を有しています。また、治療室が1室で都市部の限られた敷地内での設置を可能とするコンパクトシステムをはじめ、一つの加速器で陽子線と重粒子線の治療が可能なハイブリッドシステムなどお客さまのニーズにあわせたシステムを提供しています。

日立は今後、先進的な粒子線がん治療システムのグローバル展開をさらに加速させることで、人々のQoL向上や社会価値の向上に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/12/1206a.html

概要:日立製作所

詳細は www.hitachi.co.jp をご参照ください。

Source: Hitachi
セクター: エレクトロニクス, ITエンタープライズ

Copyright ©2020 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

関連プレスリリース


日立、グループ最大規模のイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE」を開催
2020年09月23日 12時00分
 
北海道大学・森永乳業・日立製作所、母子健康調査に関する協創成果としての知的財産を開放
2020年09月17日 10時00分
 
日立、英国原子力発電所建設プロジェクト事業運営からの撤退について
2020年09月16日 16時00分
 
日立オートモティブシステムズ、高度運転支援ECUおよびOTAによる自動地図更新に対応した高精度地図ユニットが日産の新型「スカイライン」に初採用
2020年09月08日 10時00分
 
日立オートモティブ電動機システムズ、米国に電動車両用モーター事業の新会社を設立
2020年09月04日 10時00分
 
日立がシンガポール・住宅開発庁(HDB)住宅向けエレベーター300台の納入案件を再度落札
2020年09月02日 13時30分
 
日立パワーソリューションズが、定期的な遠隔運転や点検データ解析により非常用発電設備の性能維持を支援する包括保守サービスの提供を開始
2020年08月26日 11時00分
 
日立、MonotaRO最大規模の物流倉庫向けに小型無人搬送ロボット「Racrew」約400台を含む設備一式と倉庫制御システムを受注
2020年08月25日 11時00分
 
電通と電通デジタル、テキスト解析プラットフォーム「mindlook(R)」の提供を開始
2020年08月24日 11時00分
 
日立とPTCが、製造業におけるバリューチェーンをシームレスにつなぎ、全体最適化を実現する次世代ソリューションの提供に向けた協業で合意
2020年08月20日 10時00分
 
もっと見る >>

新着プレスリリース


もっと見る >>